2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Guthrie Govanのお友達Jamie Humphries参加作品「J」 | トップページ | Holdsworthトホホライブ音源 »

2011年6月10日 (金)

ポストHoldsworthの最右翼Alex Machacekのライブ音源「The Official Triangle Sessions」

R0010727
Musician●Alex Machacek(guitar)
Title●The Official Triangle Sessions(2008年)
■Amazonより購入


オーストリア出身のテクニカル系ギタリストAlex Machacek(アレックス・マカチャク)が2008年6月29日に行ったライブを収めた作品です。参加メンバーはJonas HellborgやShawn Laneとの共演で知られるドラム奏者Jeff SipeとNeal Fountainというベース奏者。そういえばMachacekは「新生UK」のメンバーとしてつい先日に来日を果たしていますね。「新生UK」案件に関してはブート盤が出回っていて私もこっそり入手に成功しましたので、機会をみてレポートしたく思います。

お馴染みのAbstract Logixからリリースされたこのライブ音源ですが、当初はネット配信のみだった記憶があります。あのJeff Beckですらネット配信先行で様子を見るご時世ですから、マイナーミュージシャンではいたしかたないことなのかもしれません。しかし、気がついてみたらリアルCDとして流通しているのではないですか。というわけで慌てて購入しました。内容はいつもの「マカチェク節」のオンパレードですが、この人は基本的に内省的な作風が持ち味です。ギターソロも弾きまくるというよりはキーボードライクなヴォイシングをメインにして音と音を紡いでいくというイメージです。したがって決して弾けることもなく盛り上がることもなく粛粛とライブは進行していきます。もちろん、時折速弾き超絶技巧ソロも披露されますが、占有率からいえばスタジオ盤のほうがかなり高いですね。

というわけで、当初ネット配信限定だったのも頷ける部分はあります。あくまでもマカチェク好き、テクニカル系ギター好きの音源ということで考えたほうがよろしいかと思います。

●Musicians
Alex Machacek / guitar
Jeff Sipe / drums
Neal Fountain / bass

●Numbers
1.  Pinchproof
2.  Strafe
3.  Very Sad
4.  Gem1
5.  Yoga For Cats1
6.  Along Came A Spider
7.  Put Me Back To Sleep

R0010728


« Guthrie Govanのお友達Jamie Humphries参加作品「J」 | トップページ | Holdsworthトホホライブ音源 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Guthrie Govanのお友達Jamie Humphries参加作品「J」 | トップページ | Holdsworthトホホライブ音源 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ