2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 安達久美さん第2弾「Winners!」 | トップページ | Greg Howeの遠回りその2「Now Hear This」 »

2011年6月24日 (金)

イタリアのフュージョンギタリストGianfranco Continenzaの1st

R0010747
Musician●Gianfranco Continenza(guitar)
Title●The Past Inside The Present(2007年)
■Amazonより購入


イタリアジャズを探っているとたまに面白いミュージシャンと巡り会うことがあります。ギターでいえば当欄でお馴染みの(?)Nico StufanoやUmberto Fiorentinoあたりが実に興味深い作品を残しています。というわけで、ネットを徘徊していて目に止まったのが、Gianfranco Continenzaというギタリスト。例によって正体がよくわかりません。ゲストミュージシャンになんとサックス奏者のほうのBill Evansやお馴染みの鍵盤楽器奏者Scott Kinseyが参加していることから周囲の期待度の高さを感じます。ほかはイタリア人ミュージシャンで固めているようです。

内容はというと期待通りの「ハードフュージョン」という案配です。イタリア人が作るジャズフュージョンは音数がやたらと多くて饒舌な仕上がりになることが多いのですが、こちらも例に漏れません。無条件に元気になれる音楽ですね。個人的には#2「Happy New Funky」という曲がキラーチューンです。タイトル通りのファンキーなリズムに合わせてGianfranco Continenzaのしなやかなソロが実に心地よく響きわたります。少しばかりHoldsworthyな感じを漂わせながらも実に流麗に音と音を繋いでいく手法は先に挙げたNico StufanoやUmberto Fiorentinoに通じるものを感じさせます。



●Musicians
Gianfranco Continenza / guitar
Mourizo Roli / bass
Angelo Trabucco / keyboard
Dante Melena / drums

Scott Kinsey / keyboard
Bill Evance / sax

●Numbers
1.  Outside That Door
2.  Happy New Funkey
3.  Fragments Of Soul
4.  Shadows And Light
5.  The Dominant Wave
6.  One Note Waltz
7.  Parallel Life
8.  Soul Friend
9.  The Past Inside Present
10. Labyrinth Of Mirrors

R0010748


« 安達久美さん第2弾「Winners!」 | トップページ | Greg Howeの遠回りその2「Now Hear This」 »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/40280572

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのフュージョンギタリストGianfranco Continenzaの1st:

« 安達久美さん第2弾「Winners!」 | トップページ | Greg Howeの遠回りその2「Now Hear This」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ