2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« Holdsworthが1曲のみ参加。Stanley Clarkeの「If This Bass Could Only Talk」 | トップページ | Nguyen Leのカバーアルバム「Song Of Freedom」 »

2011年5月27日 (金)

テクニカル系ギタリストJoy Basuの1st

R0010722
Musician●Joy Basu(guitar)
Title●Joy Basu(1996年)
■Amazon USAより購入


テクニカル系ギタリストの登竜門「シュラプネルレコード」は多くの優れたギタリストを発掘し世に送り出しましたが、なかでも無名ギタリストを集めたうえで活躍のチャンスを与えてきました。ただ、無名ミュージシャンをピンで売り出すのはやはりリスキーな行為ではあります。そんなわけで考案されたのが「コンピレーションアルバム商法」。簡単にいえば若手無名ミュージシャンに1曲ずつの「枠」が与えられて無名ミュージシャンの十把一絡げ的なアルバムに仕立て上げるのです。そんなコンピ物ですが、マニア筋で高い評価を得ているのが「Hottest Unknown Guitarists」や「Ominous Guitarists From Unknown」というアルバム群。何だか褒めているのか貶しているのかよくわからないタイトルですが、知られざるミュージシャンを発掘するうえでは実にありがたい音源です。これらのコンピ物に関しては機会をあらためてレビューしたいと思いますが、これらに参加していたのが今回ご紹介するJoy Basu(ジョイ・バス)です。

米ペンシルヴァニア州出身のJoy Basuは1970年生まれ。幼少期はお決まりのようにEddie Van Halenから大きな影響を受けたそうです。16歳の時にはすでにギター講師を務めていたということですからRon Thalも真っ青の早熟ということになります。基本的にはテクニカル系ギタリストの基本形である速弾き、タッピング、スウィープなどのを駆使したトリッキーなプレイヤーということになりますが、ほかのギタリストとちょっと毛色が違うなと思わせるのが、「ブルースオリエンティッド」という点です。

#1  2nd Soul
リフがジミヘンを彷彿とさせるヘビーなナンバー。めまぐるしく展開するリフですが、ジミヘンに慣れ親しんだ世代としては何てことはありません。曲後半になると複雑怪奇なタッピングの嵐に。

#2  Junior's Awake

ややファンキーな楽曲ながらどこかメロウな感じというのがBasuの得意技のようです。この曲んどはその典型でしょう。ミディアムテンポでギターを歌わせながら、途中かmらスウィープでテクニカル系ギタリストとしての本領発揮。それでいてなぜか懐かしさのような親近感を覚えるのはブルースオリエンティッドだからでしょう。

#3  Dr. Funhouse

これまたジミヘンを感じさせるファンク&ブルージーな曲。2度、3度と昇りつめていくリフに大興奮です。途中からテクニックの大お披露目大会に移るのですが、決してテクニックのひけらかしと感じられないのは楽曲が優れているからでしょう。もっともそれは私なりの受け止め方で、演奏自体はかなり変態度高しです。

#4  Post Depression

ジミヘンの「Manic Depression」を意識した曲タイトルだなと思いきや、かなりメロウな感じのバラードナンバー。やけに分かりやすくて取っつきやすいナンバーですが、分かりやすいのは曲テーマであって、ギターそのものは凄まじいの一語です。ギターを少しばかりカジった方ならご理解いただけると思いますが、実はスローな曲に乗せる超絶技巧というのが大変なんです。いとも簡単にこなしてしまうBasuの力量にあらためて驚き。

#7  Goodberville

かなり乗りがよろしい感じのファンキーなナンバー。ハーモニー・プレイが土台になっているので一見爽やかな印象を受けますが、裏テーマで行われているプレイはかなりのエグさです。

このアルバムでJoy Busuは全楽器をこなしているそうですが、リズム系はおそらく打ち込みだと推測されます。サウンドプロダクションも決して良好とは言えず、もう少し予算があれば…と思いますが1stとしては上々のスタートでしょうか。近年では「KOTAKO」という女性シンガーをプロデュースしたりテクノに走っているようですが、どうも当欄のアンテナ感度が鈍いのか表舞台に浮上してくる気配が感じられないのが残念です。このままだと本当に「Unknown」になってしまうのではという危惧が…。

動画は最近のものだと思われます。どうも方向性が…

●Musician
Joy Basu / all instrumental

●Numbers
1.  2nd Soul
2.  Junior's Awake
3.  Dr. Funhouse
4.  Post Depression
5.  Bad Monkey Boogie
6.  Leavng Society
7.  Goodberville
8.  Rage
9.  Chilled Heat
10. Seven Below Stress

R0010723


« Holdsworthが1曲のみ参加。Stanley Clarkeの「If This Bass Could Only Talk」 | トップページ | Nguyen Leのカバーアルバム「Song Of Freedom」 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/40093255

この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル系ギタリストJoy Basuの1st:

« Holdsworthが1曲のみ参加。Stanley Clarkeの「If This Bass Could Only Talk」 | トップページ | Nguyen Leのカバーアルバム「Song Of Freedom」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ