2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Greg Howeの遠回りその1「High Gear」 | トップページ | 変態系プログメタル「Psychotic Waltz」の1st »

2011年5月23日 (月)

知られざるテクニカル系ギタリストJimi Tunnellの「Trilateral Commission」

R0010702
Musician●Jimi Tunnell(guitar)
Title●Trilateral Commission(1992年)
■ディスクユニオンで購入


アメリカという国は個人的にはあまり好きになれないのですが、それでも音楽の面ではドンドン知らない人たちが湧き出るかのように発見されます。食わず嫌いなどしている状況ではないのです。

アダム・ホルツマンやデニス・チェンバースのプロジェクトに参加したり、マイク・マイニエリのグループ、Steps Ahead(ステップス・アヘッド)のレギュラーギタリスト、Jimi Tunnell(ジミ・タンネル)の初リーダー作です。1992年リリース。メンバーはOmar Hakim(drums)、Bendik Hoffseth(sax,vocal)、Jeff Andrews(bass)、Rachel Z(keyboards)、Arto Tuncboyaciyan(percussion)という構成です。Omar HakimはAllan Holdsworthとの共演でも知られていますね。ほかの方々はあまり馴染みがないと言うか存じ上げません。Rachel ZとBendik HoffsethはSteps Aheadの同僚だそうです。奥が深いなぁ。

サウンド志向としは「プログレ風Weather Report」という感じでしょうか。パストリアス級は不在ですが、Jimi Tunnellのギターがとにかく凄い!決してバリバリ弾きまくる感じではありませんが、ここぞという場面では実に小気味良いソロを聴かせます。フレーズ回しはややHoldsworth的だったり、Scott Hensderson的だったりするのですが、ということはNguyen Le的でもあるのです。特のアームの使い方はNguyen Leを思わせます。もう少し弾いてくれればいいのにと思わせておいて、引き下がる「腹八分目感」が溜まりません。

Jimi Tunnellは一部マニア筋で有名ですが、実は優れたボーカリストとしても有名です。彼のボーカルによるシングルがビルボードチャートの7位にランクされたということですから、かなり器用なミュージシャンということになります。このリーダー作ではお得意のボーカルをほとんど披露することなくギタリストとして勝負しています。個人的なキラーチューンは圧倒的な疾走感が素晴らしい#4「A.B.C」でしょうか。

いかんせんご本人は活動のフィールドが限られているようで、ほとんど名前を見ることがありません。色々な引き出しをもっている優れたミュージシャンだけに、もっと彼の音を聴きたいのですが……。 ところで私が所有しているのはどうやら旧ジャケットのようで、新ジャケットは白を基調としたお洒落感いっぱいのデザインです。

●Musicians
Jimi Tunnell / guitar,vocal,keyboard,percussion,programming
Omar Hakim / drums
Bendik Hoffseth / sax,vocal
Jeff Andrews / bass
Rachel Z / keyboards
Arto Tuncboyaciyan / percussion

●Numbers
1.  Cross Stick
2.  Zalimo
3.  Not 4
4.  A.B.C.
5.  True West
6.  The Slime
7.  M.O.C.
8.  Nice West
9.  Big Pig
10. South West

R0010703


« Greg Howeの遠回りその1「High Gear」 | トップページ | 変態系プログメタル「Psychotic Waltz」の1st »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

まったく同感です。
Jimi Tunnelにもっとギターを弾いてもらいたいですね。
YouTubeにアップされているsteps aheadのライブでみせたようなソロをもっと聴きたいです。
それからNguyen Leも日本では認知度が低いですが、YouTubeにアップされているWDR&イエロージャケッツに参加した時のプレイやLinley Martheとのライブでのプレイ、あとHoung Thanhとのアルバム『moon and wind』の1曲目『The Soaring of theHeron』でのプレイが特に印象に残ります。
あと個人的にはHugh Ferguson、Nico Stufano、Pierre Lognayなども好きなのですが、なかなか情報が入ってきません。
あと、ひとのアルバムだと僕好みのプレイをしてくれるギタリストとしてはJames Muller、Mike Morenoなどがいます。
今後取り上げていただけると嬉しいです。
長文失礼致しました。
Jimi TunnelとNguyen Leの名前をみて嬉しくなってしまいました。
どもです。

jaco3110 さま

はじめまして!コメントありがとうございます!
同好のお仲間と出会えて感激です。

Steps Aheadの音源も所有していますが、弾きまくりという点では
不満が残りますよね。ライブ音源があれば即、買いなのですが。

Nguyen Le、Nico Stufano、James Mullerとも私も大好物です。
古い記事ですが取り上げておりますので、よろしければご覧ください。

今後ともご贔屓によろしくお願いいたします♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Greg Howeの遠回りその1「High Gear」 | トップページ | 変態系プログメタル「Psychotic Waltz」の1st »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ