2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Gary Boyleのギターが唸る「ISOTOPE」のBBCライブ | トップページ | The Beatlesのデビュー作を2009年型ステレオリミックスで聴く「Please Please Me」 »

2011年4月12日 (火)

北欧の暗黒神「Opeth」の2nd「Morningrise」

R0010502
Musician●Opeth
Title●Morningrise(1996年)
■Amazonより購入

スウェーデンはストックホルム出身のデスメタルバンド「Opeth」(オーペス)が1996年に発表した2ndアルバムです。デビューアルバム「Orchid」で早くも大作志向が感じられましたが、2ndにして全曲が10分以上!トータルで66分超えという大作に仕上がっています。

前作でもエレキとアコースティック、デス声とノーマルボイスとの対比を効果的に使い分けてドラマティックな構成美で聴く者を魅了したOpeth。このアルバムではさらにその手法に磨きをかけ、静寂と轟音、叙情と激情のコントラストがより明確になった感がします。より大作志向になったことによって、耽美性まで加わったようです。とにかく抑えるべきところでは徹底的に抑え、感情を爆発させる部分ではまさに天井知らずの暴れぶり。この見事なストロボ効果に身をまかせていると、知らず知らずのうちにOpethの術中にはまってしまっている我が姿に気がつきます。

Opethの音楽性を決定づけるプログレとデスメタルとの融合は、リズム隊を一新して再スタートした次作「My Arms,Your Hearse」の登場を待つことになりますが、すでにこの時点で高い作曲能力と楽曲の完成度は隠しようもなく、一介のデスメタルバンドとは一線も二線も画しています。

ところで最後の曲(ボーナストラック)はライブ仕様なのですが、まるで高校の体育館で録音されたような今時珍しい大変劣悪な音質。でも、かえって生々しい凶暴性が直に伝わってきます。とまぁ、アバタもなんとやら…という奴で、ご容赦を!

●Musicians
Michael Akerfeldt / voice,guitar
Peter Lindgren / guitar
Johan DeFalla / bass
Anders Nordm / drums

●Numbers
1.  Advent
2.  The Night & The Silent Water
3.  Nectar
4.  Black Rose Immortal
5.  To Bid You Farewell
6.  Eternal Soul Torture (Bonus Track)

R0010503

« Gary Boyleのギターが唸る「ISOTOPE」のBBCライブ | トップページ | The Beatlesのデビュー作を2009年型ステレオリミックスで聴く「Please Please Me」 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の暗黒神「Opeth」の2nd「Morningrise」:

« Gary Boyleのギターが唸る「ISOTOPE」のBBCライブ | トップページ | The Beatlesのデビュー作を2009年型ステレオリミックスで聴く「Please Please Me」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ