2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Gordon BeckとJohn McLaughlinによるポップカバー集 | トップページ | CharとVanilla Fudgeリズム隊とのプロジェクト「CBA」 »

2011年4月21日 (木)

Greg Howeの2nd「Introspection」も紙ジャケットで聴いてみる

R0010597
Musician●Greg Howe(guitar)
Title●Introspection(1993年)
■Amazonより購入

Greg Howeが兄アルと組んでいたHMバンド「HoweⅡ」を辞めてソロ転向後にリリースした2ndアルバムです。1993年発表。1st「Greg Howe」と同様、昨年にリマスター&紙ジャケット仕様で発売されたので購入してみました。

この2ndと1stについて、以前、某巨大通販サイトにレビューを書いたことがあるのですが、当時大きな勘違いをしていまして、てっきり「HoweⅡ」を解散してからソロデビューを果たしたのだと思っていたら、実際は1st→HOWEⅡで2枚→2nd「Introspection」という時系列だったのですね。某巨大通販サイトのレビューを訂正したいのですが、なんだか面倒でもあるので、ここでお詫びして訂正させていただきます。

さて、1stをリリースした当時はシュラプネルレコードの総帥、マイク・ヴァーニィーの「ネオクラシカル絶対主義」の意向もあってやや迷い気味の感もあり、また「HOWEⅡ」時代はグループという制約もあって、本当にやりたいことができないジレンマもあったのでしょう。この2ndでは思い切り「ジャズフュージョン路線」へとシフトチェンジしてきました。

奏法的にもレガートとタッピングの多用によって、クリーンかつ流れるようなフレーズへと大きな変貌を遂げます。といいつついたずらにテクニックに走るのではなく、「歌心が感じられるフレーズ」はGreg Howe特有のものであり、かつアフリカン特有なファンキーな要素も加わって唯一無比のギターインストに仕上がっています。

ちなみに#5「Desiderata」は難病で闘病中のジェイソン・ベッカーに捧げた曲です。何とも美しいアルペジオが泣かせます。


●Musicians
Greg Howe / guitar, keyboard, engineering, production
Kevin Soffera / drums
Alsamad Caldwell / bass
Vern Parsons / bass
Chris Midkiff / mixing
Kenneth K. Lee, Jr. / mastering

●Numbers
1.  Jump Start
2.  Button Up
3.  Come And Get It
4.  In Step
5.  Desiderata
6.  No Place Like Home
7.  Direct Injection
8.  Pay As You Go

R0010598

« Gordon BeckとJohn McLaughlinによるポップカバー集 | トップページ | CharとVanilla Fudgeリズム隊とのプロジェクト「CBA」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Greg Howeの2nd「Introspection」も紙ジャケットで聴いてみる:

« Gordon BeckとJohn McLaughlinによるポップカバー集 | トップページ | CharとVanilla Fudgeリズム隊とのプロジェクト「CBA」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ