2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 大震災から3週間が過ぎて | トップページ | Brett Garsedが参加!Harlan Cage »

2011年4月 4日 (月)

アフリカ系テクニカル系ギタリストGreg Howeの1st

R0010595
Musician●Greg Howe(guitar)
Title●same(1988年)
■Amazonより購入

テクニカル系ギタリストの虎の門、シュラプネルレコードの代表作品が昨年からリマスター&紙ジャケット化されて再発売されています。なぜテクニカル系ということですが、個人的には古くは70年代初頭に登場したAllan Holdsworthがその祖ではないかとにらんでいます。そして、Holdsworthのファンだったエディ・ヴァン・ヘイレンがHoldsworthのワイドストレッチ奏法を何とかコピーしようと苦肉の策として編み出した「ライトハンド奏法」をひっさげてメジャーデビューを果たしたのが70年代後半。当時のギター小僧たちはその余りに斬新すぎるアイディアに驚嘆するとともに、こぞって左指をフレットの上でバタバタとするようになりました。その後、ライトハンド奏法はタッピング、早弾きはスウィープ奏法などの多くの「流派」を生み出し、たくさんのテクニカル系ギタリストによって継承されていきます。その仕掛け元になったのが1980年に創設された「シュラプネルレコード」であり、その総帥マイク・ヴァーニーです。

マイク・ヴァーニーはゲイリー・ムーアやウリ・ジョン・ロート、マイケル・シェンカーなどのような優れたギタリストが世の中で埋もれているはずだと考え、アメリカ全土をくまなく巡り、新人発掘に勤しみます。同時に「Guitar Player誌」で新人発掘のための受け皿としてコラム記事をスタートさせます。そのコラムに応募してきたギタリストとして、イングヴェイ・マルムスティーン、トニー・マカパイン、ヴィニー・ムーアなどがいたそうです。

そんな中でマイク・ヴァーニーに見出されたのがGreg Howe(グレッグ・ハウ)です。並行して兄と組んだHMバンド「HOWEⅡ」の活動でも2枚のアルバムを残していますが、「HOWEⅡ」デビューの1年前にソロとしてリリースしたのが、このアルバムです。ベースは何とBilly Sheehan、ドラムはAtma Anurでプロデューサーはご存知マイク・ヴァーニー。

「HOWEⅡ」ではグループの中の一員としての認識しかなかったGreg Howeですが、このアルバムでは自分自身がやりたいことをすべて盛り込んだという感じで、まさに気合いが入りまくった力作です。凡庸なギタリストだとそんな気合いがカラ回りしてしまうのですが、見事にコントロールされた表現力と類まれなテクニックとのバランス、そして素晴らしい作曲能力と、まさに三拍子揃ったギターインストアルバムに仕上がっています。ギターが持てる表現力を極限にまで追究している様からは早くも求道士の雰囲気すら感じさせます。それでいてテクニック至上主義に陥らず、あくまでもギターを歌わせるワザは、いま聴き直してもため息が出るほどです。Greg Howeは2nd以降、タッピングを多用しよりテクニカルな方向へ突き進みますが、この1stは割とガリガリとピッキングしています。

1980年代後半といえば、イングヴェイが巻き起こした「ネオクラシカルブーム」の全盛期。やや飽和状態になりつつあったギターシーンにあって、若干ファンクの要素をもった新星の登場は大変な驚きで、大いに歓迎されたことは言うまでもありません。

ところで肝心のリマスター効果ですが、音圧も上がりなかなかの仕上がりです。今回の再発売はこの1stと2nd「Introspection」の2枚、そしてリッチー・コッツェンとの共作「Tilt」、そして「HOWEⅡ」時代の作品のみのようですが、できれば全作品ともお願いしたいものです。ちなみにジャケットに写るのはGreg Howe本人であり、「楽しんご」ではありません♪

●Musicians
Gerg Howe / guitar
Billy Sheehan / bass
Atma Anur / drums

●Numbers
1.  Kick It All Over
2.  The Pepper Shake
3.  Bad Racket
4.  Super Unleaded
5.  Land Of Ladies
6.  Straight Up
7.  Red Handed
8.  After Hours
9.  Little Rose

R0010596

« 大震災から3週間が過ぎて | トップページ | Brett Garsedが参加!Harlan Cage »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフリカ系テクニカル系ギタリストGreg Howeの1st:

« 大震災から3週間が過ぎて | トップページ | Brett Garsedが参加!Harlan Cage »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ