2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« HoldsworthとStanley Clarkeの夢の共演「Jazz Explosion Superband」 | トップページ | Brett Garsedが参加!NELSONのライブ音源がリイシュー »

2011年3月 9日 (水)

北欧の暗黒神「OPETH」の3rd「My Arms Your Hearse」

R0010496
Musician●Opeth
Title●My Arms Your Hearse(1997年)
■Amazonより購入


スウェーデン出身のプログレ&デスメタルバンドOpeth(オーペス)がメンバーチェンジを経てリリースした3作目です。1997年発売。前作「Morningrise」まではメタルはメタルでもメロディック・デスメタル色が濃厚だった彼らが、デス的要素を減退させる代わりに、プログレ的要素を巧みに導入し、独自のスタイルを確立しはじめたメルクマール的な作品です。さらに言えば、このアルバムからリズム隊が新メンバーになったことで、さらにパワーアップした点も大きいかと思われます。

具体的にはメロトロンやアコースティックギターを効果的に導入することによって、デスとプログレの合体にチャレンジし始めているのです。さしずめ70年代の中期King Crimsonとデスメタルとの邂逅とも言えるでしょうか。デスの醜悪な要素とプログレの気恥ずかしくなるような耽美な叙情性とが見事に融合して、それは素晴らしい楽曲に仕上がっています。特にアコースティックが作り出す静寂な世界から、一転して息苦しいまでの重厚な世界へと導くボーカル兼ギタリストのミカエル・オーカーフェルトの力量は見事です。かのJohn Wettonを彷彿とさせる少し鼻にかかったような甘い響きボーカルから、これまた一転して慟哭する醜悪なデス声。あまりに劇的なコントラストに翻弄されているうちに彼らの術中にどんどんハマっていくのです。

●Musicians
Michael Akerfeldt / voice,guitar
Peter Lindgren / guitar
Martin Lopez / drums
Martin Mendez / bass

●Numbers
1.  Prologue
2.  April Ethereal
3.  When
4.  Madrigal
5.  The Amen Corner
6.  Demon Of The Fall
7.  Credence
8.  Karma
9.  Epilogue
10. Circle Of The Tyrant
11. Remember Tomorrow

R0010497

« HoldsworthとStanley Clarkeの夢の共演「Jazz Explosion Superband」 | トップページ | Brett Garsedが参加!NELSONのライブ音源がリイシュー »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の暗黒神「OPETH」の3rd「My Arms Your Hearse」:

« HoldsworthとStanley Clarkeの夢の共演「Jazz Explosion Superband」 | トップページ | Brett Garsedが参加!NELSONのライブ音源がリイシュー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ