2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 一切の楽譜なしのガチンコセッションRaoul Bjorkenheim「Studio 1/ BOX」 | トップページ | 爆裂系ギタリストRaoul BjorkenheimのDMGライブ »

2011年2月19日 (土)

元DTの鍵盤楽器奏者Derek SherrinianとHoldsworth&Garsedが共演「QUANTUM」

R0010482
Musician●Planet X
Title●Quantum(2007年)
■Amazonより購入

元DTの鍵盤楽器奏者Derek Sherrinianが率いるテクニカル系ジャズロックユニット「PLANET X」による3rdアルバムです。2007年リリース。このアルバムがリリースされる直前、いギタリストは誰か? Greg Howeなのか? などと一部ファンの間で話題になっていたことが記憶に鮮明です。Derek Sherinian(keyboard)とVirgil Danati(drums)は当然のデフォルトとして、蓋を開けて吃驚!ゲストギタリストは何とAllan Holdsworth(アラン・ホールズワース)とBrett Garsed(ブレット・ガースド)というレガートの鬼才2人がが参加しています。ベースはHoldsworth繋がりでJimmy JohnsonとRufas Philpot。

実際に聴く前はあの「MVPシリーズ」の再現か? などと勝手な妄想を繰り広げていましたが、残念ながら2大ギタリストのガチンコ対決は残念ながら聴かれません。全9曲中、#2と#4がHoldsworth、残り7曲はGarsedがそれぞれ担当。#4ではGarsedがリフを担当し、Holdsworthが満を持してウネウネソロを延々と弾きまくるという構成なので「一応の共演」にはなっていますが、これは明らかに別録音です(もっとも「MVP」も別録音ではあるのですが)。

当欄の興味の焦点は2大ギタリストですが、Holdsworthは良くも悪くも唯我独尊。あい変わらずの高値安定という感じです。とても還暦過ぎの人間とは思えない流麗なプレイはさすがの一語。一方のGarsedも流麗なソロをこれでもか!と聴かせてくれています。特に#8でのこの世のものとは思えない美しさを放つハーモニック奏法と#9でのHoldsworthも吃驚という感じの速弾きは一聴ありです。

●Musicians
Derek Sherinian / keyboard
Virgil Danati / drums
Allan Holdsworth / guitar
Brett Garsed / guitar
Jimmy Johnson / bass
Rufas Philpot / bass

●Numbers
1.  Alien Hip Hop
2.  Desert Girl
3.  Matrix Gate
4.  The Thinking Stone
5.  Space Foam
6.  Poland
7.  Snuff
8.  Kingdom Of Dreams
9.  Quantum Factor
R0010483

« 一切の楽譜なしのガチンコセッションRaoul Bjorkenheim「Studio 1/ BOX」 | トップページ | 爆裂系ギタリストRaoul BjorkenheimのDMGライブ »

アラン・ホールズワース関連」カテゴリの記事

コメント

買います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/38665934

この記事へのトラックバック一覧です: 元DTの鍵盤楽器奏者Derek SherrinianとHoldsworth&Garsedが共演「QUANTUM」:

« 一切の楽譜なしのガチンコセッションRaoul Bjorkenheim「Studio 1/ BOX」 | トップページ | 爆裂系ギタリストRaoul BjorkenheimのDMGライブ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ