2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 変態&奇天烈系ギタリストRon Thalの2nd「Hermit」 | トップページ | 超個性派ギタリストNguyen Leの1st「Maracles」 »

2010年12月28日 (火)

Soft Machineの実質的ラストアルバム「Alive & Well」がボートラ付きで復刻

R0010308






Musician●Soft Machine
Title●Alive & Well;Recording In Paris(1977年)
■Amazonより購入

1960年代から活躍を続けてきたカンタベリー系ミュージックの大物「Soft Machine」は度重なるメンバーチェンジを行いグループ存続を図ってきましたが、ついにオリジナルメンバーが完全にいなくなった「Softs」(1976年)あたりからフュージョン色を強めます。このアルバムは「Softs」後にさらにメンバー交代があった直後のライブです。1977年7月7日から9日の3日間、パリの「Le Theatre Palace」での音源を収めたものです。

アルバム「7」(1973年)を最後にCBSレーベルから弱小レーベルHarvestに移籍したがために長い間廃盤状態にあった「Bundles」(1975年)、「Softs」(1976年)、そして本作が今年になって続々とリイシューされたことは大変な朗報で、ぜひともこの機会に全セット揃えたいものです。さて、「Bundles」「Softs」ではオリジナル音源をリマスターしたものでしたが、この作品は何と未発表音源をつけて2CDになっていることが大きなポイントです。オリジナル音源については以前の記事をご参照いただくとして、注目は何といっても未発表音源です。オリジナル盤に未収録だったライブ音源7曲とシングルカットされた「Soft Space」の編集バージョンとディスコバージョン(!)の2曲が追加されています。

では、そのなかから何曲かを。

#1  K's Riff
アルバム未収録曲。ギターのEtheridgeを全面に押し出した典型的なジャズロックです。オリジナル盤では薄らいでいたジャズロック色が存分に味わえます。EtheridgeとMarshallのタイトな掛け合いが実にスリリングです。

#2  The Nodder

オリジナル盤にも収録されていますが、こちらはかなり荒削りで野趣あふれる仕上がりに。完成度としてはオリジナルに譲りますが、こちらのバージョンのほうが生っぽくて好きです。

#3  Two Down

曲名っぽいのですが、実際はEtheridgeとMarshallとの壮絶なインタープレイ。人類の限界を超えているのではないかと思われるEtheridgeの弾丸フレーズが五臓六腑をえぐりにえぐります。

#4  The Sparaunce
こちらも未発表曲。ややダルな感じのジャズロックです。相変わらずEtheridgeのギターは冴えわたっています!

#5  Song Of Aeolus

アルバム「Softs」に収録されていた、若干メランコリックな曲。そういえばAllan HoldsworthとEtheridgeとの入れ替え時期に、Holdsworthがライブでプレイしていましたね。

#8  Organig Matter / One Over The Eight

Organig Matterという曲名がついていますが、実際はMarshallとJenkinsとの掛け合い。やたらと手数の多いMarshallのドラムにJenkinsがピコピコサウンドで絡んでいます。流れで「Softs」収録の「One Over The Eight」へと突入しますが、全員が一丸となって凄まじいインタープレイの応酬を展開。ライブのラストを飾るにはピッタリの選曲です。

#9   Soft Space Part One
#10  Soft Space Part Two

オリジナル盤ではラストを締めたJenkinsならではのテクノ。当欄としてはあまり食指が伸びないのですが、まあ別にバンドでなくてもシンセ1台あればあとはスタジオワークでできますよね。少なくてもそこにギターは不要です。この曲を聴くたびに、ほどなくバンドが空中分解してしまうことも不可避だったんだなと思います。

というわけで、当欄としてはラスト2曲を除き、今回発掘された未発表音源を大変興味深く聴きました。オリジナル盤に収録されなかった理由は定かではありませんが、おそらくJenkinsが気に食わなかったのでしょう。

●Musicians
John Marshall / drums,percussions
Karl Jenkins / piano,keyboards,synthesizer
John Etheridge / guitars
Rick Sanders / violin
Steve Cook / bass

●Nubmers
[CD 1]
1.   White Kite
2.   Eos
3.   Odds Bullets And Blades pt1
4.   Odds Bullets And Blades pt2
5.   Song Of The Sunbird
6.   Puffin'
7.   Huffin'
8.   Number Three
9.   The Nodder
10. Surrounding Silence
11. Soft Space

[CD 2]
1.   K's Riff
2.   The Nodder
3.   Two Down
4.   The Spraunce
5.   Song Of Aeolus
6.   Sideburn
7.   The Tale Of Taliesin
8.   Organig Matter / One Over The Eight
9.   Soft Space Part One (edited version)
10. Soft Space Part Two (disco version)
R0010309

« 変態&奇天烈系ギタリストRon Thalの2nd「Hermit」 | トップページ | 超個性派ギタリストNguyen Leの1st「Maracles」 »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/37984919

この記事へのトラックバック一覧です: Soft Machineの実質的ラストアルバム「Alive & Well」がボートラ付きで復刻:

« 変態&奇天烈系ギタリストRon Thalの2nd「Hermit」 | トップページ | 超個性派ギタリストNguyen Leの1st「Maracles」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ