2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« ECMの名手大集合!Townerの「Solstice」 | トップページ | Gary Husbandの豪華絢爛ゲストソロ「Dirty & Beautiful Vol.1」 »

2010年11月28日 (日)

McLaughlinによるコルトレーンカバー「After The Rain」

Rimg0022






Musician●John McLaghlin(guitar)
Title●After the Rain(1994年)
■ディスクユニオンで購入

ジャズロックギター界の大御所、John McLaughlin(ジョン・マクラフリン)がいまは亡きElvin Jonesと若きオルガン奏者Joey DeFrancescoと組んで録音したコルトレーンのカバーアルバムです。1994年録音。

コルトレーンをカバーした作品は何枚もありますが、何と言ってもElvin Jonesを担ぎだしたうえに、売れっ子オルガン奏者Joey DeFrancescoを加えたトリオ構成で臨むあたりが、McLaughlinのアイデアの豊かさを感じさせます。円熟味を増したというか一切の無駄を排したElvin Jonesのドラムに合わせて、McLaughlinのギターが自由奔放に舞います。それを支えるDeFrancescoのオルガンもナイスサポートです。

コルトレーンのカバーというと、コルトレーンに対する畏怖の念が先立ってしまって、結局は元曲をなぞることに終始するケースが多いのですが、そこは流石にMcLaughlin。元曲のイメージをトレースしながらも、ソロパートでは彼独自の解釈で自由に舞うあたりは、ベテランの凄みを感じさせます。

●Musicians
John McLaughlin / guitar
Elvin Jones / drums
Joey DeFrancesco / organ

●Numbers
1.  Take The Coltrane
2.  My Favorite Things
3.  Sing Me Softly The Blues
4.  Encuentros
5.  Naima
6.  Tones For Elvin Jones
7.  Crescent
8.  Afro Blue
9.  After The Rain
Rimg0023

« ECMの名手大集合!Townerの「Solstice」 | トップページ | Gary Husbandの豪華絢爛ゲストソロ「Dirty & Beautiful Vol.1」 »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/37478584

この記事へのトラックバック一覧です: McLaughlinによるコルトレーンカバー「After The Rain」:

« ECMの名手大集合!Townerの「Solstice」 | トップページ | Gary Husbandの豪華絢爛ゲストソロ「Dirty & Beautiful Vol.1」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ