2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« OMINOX LALLE LARSSON / CONTEMPORARY PAST(1995年) | トップページ | Scorch Trioとはまた違った北欧系劇辛鍋料理 Rauul Bjorkenheimの「Shadowglow」 »

2010年11月17日 (水)

70年代ジャズロックの夜明け「Spaces」

Dscf6053







Musician●Larry Coryell(guitar)
Title●Spaces(1970年)
■ディスクユニオンで購入

1960年代から第一線を張るジャズロックギターの両巨頭、Larry Coryell(ラリー・コリエル)とJohn Mclaughlin(ジョン・マクラフリン)がガップリ四つに組んで生まれたジャズロックの名盤中の名盤です。このCDアルバムにはオリジナルアナログ盤から6曲と同時期の収録された未発表曲2曲が収められています。

なんせメンバーが凄いですよ。この2大ギタリストに加え、Chick Corea、Milosrav Vitous、Billy Cobhamとそれぞれ全員が後に巨匠として数々の名作を残しているのですから。時系列的に整理しますと、Chick Coreaはマイルズ楽団を脱退した前後でReturn To Foreverを結成しようかという時期。Milosrav VitousはRTFへと合流し、後にWeather Reportへ。Billy Cobhamは後にJohn Mclaughlinと合流してMahavishnu Orchestraで驚異の千手観音ドラムを披露することに。Mclaughlinはその前にTony Williamsと組んでLifetimeをドロドロのカオスの世界を体験します。どちらにしても、70年代ジャズロックシーンを語るうえで欠かせないグループ、作品が彼らから生み出されているのです。

●Musicians
Larry Coryell / guitar
John Mclaughlin / guitar
Chick Corea / piano
Milosrav Vitous / bass
Billy Cobham / drums

●Numbers
1.  Spaces
2.  Rene's Theme
3.  Gloria's Step
4.  Wrong Is Right
5.  Chris
6.  New Year's Day In Los Angeles 1968
7.  Tyrone
8.  Planet End
Dscf6054

« OMINOX LALLE LARSSON / CONTEMPORARY PAST(1995年) | トップページ | Scorch Trioとはまた違った北欧系劇辛鍋料理 Rauul Bjorkenheimの「Shadowglow」 »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/37192145

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代ジャズロックの夜明け「Spaces」:

« OMINOX LALLE LARSSON / CONTEMPORARY PAST(1995年) | トップページ | Scorch Trioとはまた違った北欧系劇辛鍋料理 Rauul Bjorkenheimの「Shadowglow」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ