2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 謎のプログレバンド「K2」にHoldsworthが参加 | トップページ | 小曽根真 / Now You Know(1986年) »

2010年10月18日 (月)

イタリアのペット奏者Paolo Fresuの「Metamorfosi」

Rimg0009






Musician●Paolo Fresu(trumpet)
Title●Metamorfosi(1999年)
■Amazon Franceより購入

イタリアを代表するトランペット奏者Paolo Fresu(パオロ・フレス)による1999年リリースのリーダー作です。Paolo Fresuその人もさることながらイタリアンジャズというと日本ではあまり馴染みがないように思えますが、イタリア国内にとどまらずヨーロピアンジャズシーンではかなりの有名人です。参加メンバーはベトナム系フランス人ギタリストNguyen Le(グエン・レ)をはじめ、Furio Di Castri(ベース)、Roberto Gatto(ドラムス)、Antonello Salis(ボーカル)という布陣。Paolo FresuとNguyen Leはほかの作品でも数多く共演しているので、いわば盟友と言えるでしょう。

さて、サウンドはというとまさにコンテンポラリー系ジャズの典型。浮遊感いっぱいのFresuのブロウとエスニカルなNguyen Leのギターが両輪となって独自の音世界を構築しています。ちょうど80年代ECMサウンドをよりジャズ寄りにしてより無国籍に仕上げたという感じです。なかでも、「Metamorfosi」はNguyen Leのアコースティックギターが実に美しい佳作。涙があふれ出てしまうような美しいフレーズの連続にヨーロピアンジャズの奥深さを感じます。一方で、「The Open Trio」はアップテンポで激しい曲です。Nguyen Leはジャズ畑ながらジミヘンフリークとしても知られていますが、アームを極限にまで利かせた派手なウラメロで凄まじいソロを聴かせてくれています。アルバム全体の中では実に異色な曲ですが、大変面白いので取りあげてみました。

●Musicians
Paolo Fresu / trumpet,Flugelhorn,electrinics
Nguyen Le / guitar,guitar synthesizer
Furio Di Castri / bass
Roberto Gatto / drums
Antonello Salis / fisarmonica,vocal,whistle

●Numbers
1.  Elogio Del Discount
2.  Si Dolce e il Tormento
3.  Nightly
4.  Pong
5.  Metamorfosi
6.  The Open Trio
7.  Abbamele
8.  Nympheas
9.  Giravolta
10. Adagio
11. Bee
12. Don't Ask
13. Note Di Un Libretto Per Un'opera Mai Scitta
14. Little Willie Leaps
Rimg0010

« 謎のプログレバンド「K2」にHoldsworthが参加 | トップページ | 小曽根真 / Now You Know(1986年) »

ジャズトランペット」カテゴリの記事

コメント

Paolo Fresu というと Angel は持っています。(某Amazonの某ab氏のレビューを見てゲットしました!)

Metamorfosiもそんなに良いのなら早速、漁盤せねば…

ちなみにNguen Leが今年の3月にベスト盤をリリースしている事を、今さっき知りました。(新曲も少し入っているらしいです)

ちなみにNguen Leをグレン・レ、ングエン・レ、ニューエン・レ等とカタカナ表記しているのはよく見かけますが、HMVではニューエン・リーと書いてありました。
Nguen Le の作品はカタカナでは漁盤しない方がよさそうですね(^ ^;

コメントありがとうございます。Nguyen Leさんねらいですから、当然Angelも所有しております。
もちろんベスト盤も入手済みです。

Nguyen Leさんの読みですが、かの有名なグエン・バン・チューにならいグエン・レと表記するケースが一番しっくりときます。

僕も『Angel』でNguyen Leのファンになりました。
ところで、Paolo Fresuの最近YouTubeにアップされた『Paolo Fresu Devil Quartet』(約1時間もの)でギターを弾いているBebo Ferraが刺激的なフレーズを弾きまくっています。
初めて聴くギタリストなのですがご存知でしょうか?
情報ありましたら教えて下さい。

jaco 3110 さま

コメントありがとうございます。

早速Bebo Ferraチェックしてみました。
不勉強で存じ上げませんでした。
コンテンポラリー系のギタリストに属すると思いますが、
なかなかいいですね♪

アマゾンでも扱っているようなので、ちょっとチェックしようかと
思案中です。
情報、ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのペット奏者Paolo Fresuの「Metamorfosi」:

» イタリアのジャズなども・・・ [ミモサクのミミ]
Metamorfosi / The Paolo Fresu Angel Quar [続きを読む]

« 謎のプログレバンド「K2」にHoldsworthが参加 | トップページ | 小曽根真 / Now You Know(1986年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ