2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 日本にもいた!Greg Howe系テクニカル集団TRI-Offensive | トップページ | マクラフリン&ジャコパス&ウィリアムスのガチンコライブ「Trio Of Doom」 »

2010年10月10日 (日)

英国フリージャズの夜明け。John Surmanの発掘セッション音源

Rimg0020






Musician●John Surman(baritone sax)
Title●Way Back When(1969年)
■ディスクユニオンで購入

イギリスフリージャズ界の雄、John Surman(ジョン・サーマン)は1960年代後半から1970年代前半にかけておびただしい数のセッション活動を行っていますが、この作品はお蔵入りになっていた貴重音源です。収録は1969年10月ごろ。あの名盤「The Trio」結成前の友人達との「お別れセッション」の模様を収めたものです。メンバーはJohn Taylor(e-piano)、Brian Odgers(bass)、John Marshall(drums)、Mike Osborne(alto sax)。

この収録と前後してSurmanによるリーダー作「How Many Cloud Can You See?」やJohn McLaughlin名義の「Extrapolation」「Where Fortune Smiles」の冒頭で聴かれた例のテーマが高らかに鳴りわたるこのアルバムは、とてもセッションとは思えないほどの出来ばえです(「Where Fortune Smiles」での曲タイトルは「Glancing Backwards」)。前3作との比較では音質も格段に良好で驚くばかり。決め手は強力リズム隊が実に丁寧でキメ細かい仕事をしてくれている点で、ジョン・サーマンは自由自在に躍動しています。McLaughlinとの緊張感あふれるセッションも魅力的ですが、こちらはよりジャズ的ですね。また、John Taylorのエレピが絶妙なスパイスとして利いていることも見逃せません。

●Musicians
John Surman / baritone & soprano sax
John Marshall / drums
Mike Osborne / alto sax
Brian Odgers / bass
John Taylor / electric piano

●Numbers
1.  Way Back When pt1
2.  Way Back When pt2
3.  Way Back When pt3
4.  Way Back When pt4
5.  Owl Shead
6.  Out And About
Rimg0021

« 日本にもいた!Greg Howe系テクニカル集団TRI-Offensive | トップページ | マクラフリン&ジャコパス&ウィリアムスのガチンコライブ「Trio Of Doom」 »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/36819966

この記事へのトラックバック一覧です: 英国フリージャズの夜明け。John Surmanの発掘セッション音源:

« 日本にもいた!Greg Howe系テクニカル集団TRI-Offensive | トップページ | マクラフリン&ジャコパス&ウィリアムスのガチンコライブ「Trio Of Doom」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ