2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« イタリアのペット奏者Enrico Ravaの貴重なECM作品 | トップページ | 英国ジャズロックの夜明け「Where Fortune Smiles」 »

2010年10月29日 (金)

謎のテクニカル系ギタリスト、Dave Athertonの1st

Rimg0016






Musician●Dave Atherton(guitar)
Title●Purist(1997年)
■Guitar Nineより購入

アメリカ出身のテクニカル系ギタリスト、Dave Athertonによる1stアルバムです。例によってまったく情報がなく(ネットでもほとんどヒットしません)、来歴などはさっぱり判明しないのですが、テクニカル系ギタリストに強いGuitar NineがGreg Howe系として強力にプッシュしていたこともあり、ものは試しとばかり購入してみました。ギター、ベース、ドラムというシンプルなトリオ構成という潔さにも興味を惹かれました。

さて、おそるおそる聴いてみると、さすがGuitar Nine。案の定、Greg Howeのフォロワーでありました。若干ネオクラシカルの匂いを漂わせながらも、出てくるフレーズはシュラプネル系にも通じる爽快なテクニカル系ギタリストのそれです。ただGreg Howeほどテクニカルに走るのではなく、それなりにギターを歌わせるタイプで、楽曲もかなりしっかりと出来上がっています。個人的にはかなり好みのタイプです。愚直なまでに丹念に音を繋いでいくプレイは、派手さこそありませんがギター好きにとっては十分な説得力をもっています。適度に哀愁を帯びたソロワークは間違いなく日本人好みです。

とは言え、この1stと2nd「Leaving The Scene」(2000年)をリリースしてからはまったく音沙汰がないのは、メジャーになりきれない「何か」があるのでしょう。確かに日本ではテクニカル系ギタリストは一部を除いて異常なまでの冷たい扱いを受けています。CD屋はもちろん、ネットですらなかなかヒットしないことには、いくら素晴らしいものをもったギタリストでも知られることなく埋もれてしまう運命にあります。おそらくアメリカのどこかで元気に活躍していることを密かに願いつつ、紹介してみました。

●Musicians
Dave Atherton / guitar
Mike Todd / bass
John DiGiulio / drums
Jonathan Mover / drums

●Numbers
1.   Reanimator
2.   Distant Planet
3.   Purist
4.   Sunrise River
5.   Malinconia
6.   Genesis Man
7.   St. Gall
8.   Vis-a-vis
9.   Sisyphus
10. Pipe Major Geo. Stoddart
Rimg0017

« イタリアのペット奏者Enrico Ravaの貴重なECM作品 | トップページ | 英国ジャズロックの夜明け「Where Fortune Smiles」 »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎のテクニカル系ギタリスト、Dave Athertonの1st:

« イタリアのペット奏者Enrico Ravaの貴重なECM作品 | トップページ | 英国ジャズロックの夜明け「Where Fortune Smiles」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ