2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« Jimi Hendrixの衝撃的デビューアルバム | トップページ | ジミヘンのブルース集 »

2010年9月16日 (木)

ECMを思わせるコンテンポラリー系ピアノ、Mark Isaacs

Dscf6063






Musician●Mark Isaacs(piano)
Title●Closer(1997年)
■CD Baby より購入

英国ロンドン生まれ、オーストラリア育ちのコンテンポラリー系鍵盤楽器奏者、Mark Isaacs(マーク・アイザック)による1997年の作品です。この人の正体はよく存じ上げないのですが、資料によればNYのイーストマン音楽院を卒業して「オーストラリアン・チェンバー・オーケストラ」や「シドニー弦楽四重奏団」などに曲を提供しているそうです。

メンバーはギターにJames Muller、ベースにAdam Armstorong、ドラムにHamish Stuart、サックスにJason Cooneyという面子です。ギターのJames MullerははChad Wackermanのソロアルバムにも参加していますね。ほかのメンバーは存じ上げませんがおそらくオーストラリア人脈で固めているのではないでしょうか。

実はギタリストのJames Muller目当てで購入したのですが、Mark Isaacsは音を聴くかぎりBill Evansの系譜を汲むのコンテンポラリー系の鍵盤楽器奏者ですね。実にリリカルで叙情的なのですが、Evans系に共通する透徹したリリスズムに加えて、オージージャズ特有の明快でカラッとした要素が渾然となり実に心地良く感じられます。

リリースはカナダのコンテンポラリー系ジャズの専門レーベル「NAXOS JAZZ」から。このレーベルは地味ながらも良質な作品を多くリリースしているので、要チェックです。

●Musicians
Mark Isaacs / piano
James Muller / guitar
Adam Armstorong / bass
Hamish Stuart / drums
Jason Cooney / tenor sax

●Numbers
1.  Aussie Ange
2.  Josephine
3.  Jerusalem
4.  Closer
5.  Constellations
6.  Bramston Beach
7.  Chrysalis
8.  Gratitude
Dscf6064

« Jimi Hendrixの衝撃的デビューアルバム | トップページ | ジミヘンのブルース集 »

ジャズピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECMを思わせるコンテンポラリー系ピアノ、Mark Isaacs:

« Jimi Hendrixの衝撃的デビューアルバム | トップページ | ジミヘンのブルース集 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ