2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 1970年代ジャズロックブームの幕開けDreams | トップページ | 幻のテクニカル系ギタリストJan Cyrka最後の(?)作品 »

2010年8月29日 (日)

Meshuggahのギタリスト、奇天烈ソロアルバム

Dscf2214







Musician●Fredrik Thordendal(guitar)
Title●Sol Niger Within(1999年)
■ディスクユニオンで購入

暑い日には「メタル」を聴くに限ります(笑)。不惑という年齢を超えたころから急に「メタル」に目覚めてしまったわけですが、考えてみれば幼少のミギリにはDeep Purpleなどの正統派HRに慣れ親しんでいたわけですから、別に唐突なことではなく、実は互いに親和性があったりするわけです。また、メタルと一口に言っても、現在ではかなり細分化されていますから、私のような後発組にとっても意外にもかなり間口が広いのです。たとえばProg Metalと呼ばれるジャンル(?)では、ジャズやハード&テクニカルフュージョン、プログレあたりとの相性がいいようですし、実際に相互影響を受けているミュージシャンも見かけます。

今回ご紹介するスウェーデンが生んだカルト的人気を誇るデスメタルバンド、Meshuggah(メシュガー)のキーマンであり、変態系ギタリストの雄Fredrik Thordendal(フレドリック・トーデンダル)による1999年のソロアルバムです。国内盤は97年に発表されていますが、輸入盤は収録曲数が増えてヴァージョンアップしているそうです(国内盤は廃盤につき詳細は不明)。私が所有しているのは輸入盤です。ちなみにMeshuggahとはイディッシュで「Crazy」とかそんな意味だったと思います。

冒頭でメタルの中でもProg MetalやDeath Metalはほかのジャンルと相互影響を受けていると書きましたが、このFredrik Thordendalは明らかにテクニカル系ギタリストの影響が大です。特にAllan Holdsworth(アラン・ホールズワース)からの強い影響が随所に感じられます。全29パートから構成されるこの「怪作」は、Fredrik Thordendalがまさにやりたい放題にやり尽くしたという感の「超変態サウンド」で支配されています。本体Meshuggahではデスメタルがゆえに「デス声」がどうしても気になってしまいますが、そうした「シガラミ」がなくなったこの作品では、まさに未来派ハイパーサウンドという感じで疾走を続けます。突如、巻き起こるパイプオルガンのような宗教的境地、そしてすべてをブチ壊す狂気のサックス、あくまでも人の気配を感じさせない歪み切ったボーカル。これまでの音楽的なジャンルのいずれにも属さない、予測不可能な変態ワールドがこれでもかと展開されています。

Fredrik Thordendalのつかみどころのないギターは、バンドという枠が取り払われたことでまさに「野放し状態」で、Holdsworthの強い影響を感じさせる個性的なレガート奏法による超絶技巧が炸裂します。とにかく変態音楽好きにとって堪らないご馳走がテンコ盛りのこの作品。あまりにも救いがない暗黒世界を思わせる超過激な作品ですから、心臓が弱い人、体力気力に自信がない人は、手を出さないほうがいいと思います(笑)。

●Musicians
Fredrik Thordendal / guitar
Jonas Knutsson / sax
Jerry Ericsson / bass
Kantor Magnus Larsson / church organ
Victor Alneng / yidaki
Morgan Gandharva Agren / drums

●Numbers
1.   The Beginning Of The End Extraction (Evolutional Slow Down)
2.   The Executive Furies Of The Robot Lord Of Death
3.   Descent To The Netherworld
4.   ...Och Stjarnans Namn Var Malort
5.   Dante's Wild Inferno
6.   I. Galactus
7.   Skeletonization
8.   Sickness And Demoniacal Dreaming
9.   UFOria
10.  Zet 1 - Reticuli
11.  Transmigration Of Souls
12.  In Reality All Is Void
13.  Krapp's Last Tape
14.  Through Fear We Are Unconscious
15.  Death At Both Ends
16.  Bouncing In A Bottomless Pit
17.  The Sun Door
18.  Vitamin Experience (A Homage To The Scientist/John Lilly)
19.  Sensorium Dei
20.  Zeta 2 - Reticuli
21.  De Profundis
22.  Existence Out Of Joint
23.  On A Crater's Verge
24.  Solarization
25.  The End Of The Beginning Of Contraction (Involutional Speed Up/Preparation For
    The Big Crunch)
26.  Tathagata
27.  Missing Time
28.  Ooo Baby Baby
29.  Tathagata
Dscf2215

« 1970年代ジャズロックブームの幕開けDreams | トップページ | 幻のテクニカル系ギタリストJan Cyrka最後の(?)作品 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Meshuggahのギタリスト、奇天烈ソロアルバム:

« 1970年代ジャズロックブームの幕開けDreams | トップページ | 幻のテクニカル系ギタリストJan Cyrka最後の(?)作品 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ