2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 若き渡辺香津美の3rdアルバム「Endless Way」 | トップページ | 70年代型Miles Davisの幕開け「Black Beauty」 »

2010年8月25日 (水)

メジャー移籍第1弾!JBUのFree Lancing

Dscf2216






Musician●James Blood Ulmer(guitar)
Title●Free Lancing(1981年)
■ディスクユニオンで購入

フリージャズの帝王オーネット・コールマンが提唱する「ハーモロディック理論」の継承者、James Blood Ulmer(ジェームス・ブラッド・ウルマー)による初期ソロ作品です。1981年リリース。Ulmerが世に知られるようになったのは1981年リリースの「Are You Glad To Be In America?」あたりからだと思われますが、実はそれ以前のキャリアが大変長いようで、実は1960年代前半からプロ活動をスタートし、ジャズオルガン奏者の大御所、Jimmy Smithあたりともセッション活動をしていたとのこと。生年は1942年ですから、ビートルズと同世代なわけです。

その後、ジョー・ヘンダーソン、ケニー・ドーハム、ポール・ブレイなどと活動を共にしますが、やはり前述のコールマンとの邂逅がUlmerの音楽性に大きな影響を与えたことは言うまでもありません。コールマンが提唱する「ハーモロディック理論」の内容ですが、私の筆力では実に説明が難しいのですが、大変簡単に表現してしまうと、バンドの各メンバーが即興で生み出すサウンドに対して、お互いが既成のスケールにとらわれることなく、自由なハーモニーを得るべし、ということ。各楽器との緊張関係を保ちながら、音の瞬間、瞬間を鋭敏に感じ取り、セッションならではの即興演奏(インプロヴィゼーション)を繰り広げるというもの。と、書くと何だか大袈裟ですが、要はフリーミュージックを作り上げるうえで、あくまでも各メンバーの個性と演奏の自由性を尊重し、自らも自由になりなさいということなのでしょう。まさに、フリージャズの発想です。

前置きがやたらと長いのはいつものことですが、前出「Are You Glad To Be In America?」で注目を浴びるようになり、CBSとメジャー契約を交わし制作されたのがこの作品です。彼のキャリアから考えると完全フリーのジャズギターを想像しますが、ここで繰り広げられているのは、R&B、ファンク、フリージャズのごった煮的なサウンドです。R&B、ファンク色が強いのはもしかしたらCBSサイドの意向もあるかもしれませんね。ただ、表姿はメジャー音楽の衣をまといながらも、Ulmerのギターはあくまでもフリーかつ天衣無縫。異常に強いアタック音で聴く者の心を揺さぶりながら、バリバリと珍妙なフレーズを連発してくれます。彼のプレイを聴きながら先の「ハーモロディック理論」のなんたるかを探り出そうと試みるのですが、妙チクリンなギターに耳を奪われているうちに、そんなことはどうでもよくなってしまいます。それだけUlmerのギターはあまりに個性的で、強烈なインパクトを放っているのです。

加えてUlmerは優れたボーカリストでもあります。R&B色が強いといえば簡単ですが、若い頃は教会でゴスペルを歌っていたとかいなかったとか。味があるとかそんな生やさしいボーカルではなく、強力な破壊力をもつと同時に何となく哀愁が漂うのは、ゴスペル、黒人霊歌のニュアンスが随所に感じられるからなのでしょう。

独特のしゃがれ声に妙なギター。この作品で一躍注目を厚め、翌年1982年にリリースされた「Black Rock」で人気が決定的に(もちろん限られた人気ですが)。日本でもあちこちのメディアで彼の名前を見るようになったのは、ちょうどこの時期です。

●Musicians
James Blood Ulmer / guitar,vocals
Amin Ali / bass
G.Calvinn Weston / drums
Ronnie Drayton / second guitar
David Murray / tenor sax
Oliver Lake / alto sax
Olu Dara / trumpet

●Numbers
1.  Timeless
2.  Pleasure Control
3.  Night Lover
4.  Where Did All The Girls Come From ?
5.  High Time
6.  Hijack
7.  Free Lancing
8.  Stand Up To Yourself
9.  Rush Hour
10.Happy Time
Dscf2217

« 若き渡辺香津美の3rdアルバム「Endless Way」 | トップページ | 70年代型Miles Davisの幕開け「Black Beauty」 »

ジャズギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/36075982

この記事へのトラックバック一覧です: メジャー移籍第1弾!JBUのFree Lancing:

« 若き渡辺香津美の3rdアルバム「Endless Way」 | トップページ | 70年代型Miles Davisの幕開け「Black Beauty」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ