2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« John Abercrombieの「Gateway」第1弾 | トップページ | 「New Tony Williams Lifetime」誕生前夜の「Wildlife」 »

2010年7月24日 (土)

現代フュージョンのオールスター戦。Sebastiaan Cornelissenのソロ

Dscf1756






Musician●Sebastiaan Cornelissen(drums,guitar)
Title●U-Turn(2009年)
■Abstract Logixより購入

オランダ出身で多くのジャスフュージョンアルバムで活躍しているドラム奏者Sebastiaan Cornelissenによる2ndソロ(たぶん)。2009年リリース。

彼の豊富なキャリアと幅広い人脈を証明するかのごとく、参加メンバーが凄いことになっています。Allan Holdsworth系人脈ではGary Husband、Steve Hunt、Richard Hallebeek、Alex Machacekが、Scott Henderson系ではScott KinseyとGary Willisが参加。おっと、Bill Connorsと共演したTom Kennedyの名前も見られます。ドイツからはSusan Weinert姉さんも駆けつけています。もっとも、それぞれが重複してさまざまなアルバムに参加しているので、ほとんどが顔見知りなのでしょうね。

さて、メンバーの音楽性とキャリアから期待できるように、展開されるのはガチンコ勝負のテクニカルフュージョン。間違いないというやつです。特にさまざまな個性派ギタリストが何人も参加していますから、それぞれのプレイを堪能できるという楽しみも大きいですね。個人的なお勧めは何といってもRichard HallebeekAlex Machacekの2人の若手ギタリストの共演です(実際は共演してはいませんが)。

●Musicians
Sebastiaan Cornelissen / drums,guitar
Gary Husband / keyboards
Steve Hunt / keyboards
Scott Kinsey / keyboards
Richard Hallebeek / guitar on Up There,Squash
Alex Machacek / guitar on Last One
Susan Weinert / guitar on Snox!
Leonardo Amuedo / guitar
Mike Outram / guitar
Jimmy Earl / bass
Tom Kennedy / bass
Frans Vollink / bass
Hadrien Feraud / bass
Johnny Copland / bass
Gary Willis / bass
Ruud Cornelissen / bass
Gerard Presencer / bass

●Numbers
1.  Can Do
2.  Fruits And Fibre
3.  Uturn
4.  Casper
5.  U Hands
6.  Stello
7.  England Green
8.  All So Familiar
9.  Stevenage
10. Up There
11. Bread Maker
12. Squash
13. Snox!
14. Last One
Dscf1757







Dscf1758

« John Abercrombieの「Gateway」第1弾 | トップページ | 「New Tony Williams Lifetime」誕生前夜の「Wildlife」 »

ジャズ・フュージョン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代フュージョンのオールスター戦。Sebastiaan Cornelissenのソロ:

« John Abercrombieの「Gateway」第1弾 | トップページ | 「New Tony Williams Lifetime」誕生前夜の「Wildlife」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ