2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 長い間廃盤だったCrosswind「そして夢の国へ」 | トップページ | エレキギンギンからしっとりアコギへ転身Bill Connorsの1st »

2010年7月 4日 (日)

またまた懲りずにJeff Beckの新譜を購入

Dscf2159






Musician●Jeff Beck(guitar)
Title●Emotion & Commotion(2010年)
■Amazonより購入

さて、また懲りずにJeff Beckの新譜です。前回ではボーナストラック2曲が入った国内盤についてご報告しましたが、実はまだありました。ライブDVD付きの国内盤です。ファンの方ならすでにお気づきのように、2007年に開催された「Crossroads Guitar Festival」の未発表映像を収録したDVDがついた特別盤です。

音源については前回記事をお読みいただくとして、肝心のDVDです。この「Crossroads Guitar Festival」に関してはすでに2枚組DVDが発売されていますので、Jeff Beckの登場シーンをご覧になっている方も多いと思います。先行発売されているDVDでは2曲(「悲しみの恋人達」「Big Block」)が収められていましたが、今回は「未収録映像」として重複する「Big Block」を除く5曲分が日の目を見た形になっています。

そもそも「Crossroads Guitar Festival」はエリック・クラプトンの呼びかけによって薬物依存症の施設を作るために開催されたチャリティーコンサートで(開催地はシカゴ)、Jeff Beckは計11曲を演奏しています。そのうちの6曲が収められているのです。この日はTal Wilkenfeld(bass)、Jason Rebello(keyboards)、Vinnie Colaiuta(drums)という黄金の編成の初お披露目の日。Jeff Beck御大はともかく、美少女系ベース奏者Tal Wilkenfeldが大観衆の前に可憐な姿を現した日でもあります。とかくJeff御大ばかりに注目が集まってしまうのは仕方がないのですが、Tal嬢のキュートな姿とジャコ・パストリアスばりのステージアクションにすっかり魅了された人もさぞかし多かったのではないでしょうか。

残念と言えば残念なことに「Big Block」が重複しているのですが、「Crossroads」とは別カメラによる映像なので、まあ映像としては「初登場」と言ってもいいでしょう(無理筋ですが)。「Crossroads」はステージに向かって左サイドのカメラで撮影されていますが、この作品では中央寄りから撮影されています。

このステージの約半年後、彼らは観客数200人の前でライブを行いましたが、その模様は「ロニー・スコッツ・クラブ・ライブ」 DVDに収録されています。ロニー・スコッツを観てすっかりやられてしまった人は、ぜひこちらもご覧ください。

さて、結局「Emotion & Commotion」関連では輸入盤CD、国内盤CD、そして今回のDVD付き国内盤を手にすることになってしまいました。はっきり言って自分でも呆れるほどですが、ファン心理とはこういうもの、理屈では説明不可能なものだと、勝手に納得しています。ですから、つい数日前に不幸にして自らの命を絶った韓流スターのお葬式に、200人のファンが日本から参列したというニュースに接しても、「何でそこまでして」とは決して思えないのです。何であれ、夢中になれるものをもっていることは大切なことです。変な表現ですが、私はそういう人たちを愛おしくさえ思えます。

付け加えますと、ギターフィギュア付きの限定盤も同時リリースされています。Jeff Beckファンの中でも「鉄人級」の方はこちらも(笑)。私はフィギュア自体に興味がまるでないのと、経済的な理由からさすがに手を出すつもりはありません。

●Musicians
Jeff Beck / guitar
Pete Murray / keyboard,Orchestral Arrangement
Alessia / drums
Tal Wilkenfeld / bass
Jason Rebello / keyboards
Vinnie Colaiuta / drums
Luis Jardim / percussins
Clive Deamer / drums
Pino Palladino / bass
Joss Stone / vocal on I Put A Spell On You,There's No Other Me
Olivia Safe / vocal on Serene,Elegy For Dunkirk
Earl Harvin / drums
Chris Bruce / bass
Imelda May / vocal on Lilac Wine

●Numbers
1.  Corpus Christi Carol
2.  Hammerhead
3.  Never Alone
4.  Over The Rainbow
5.  I Put A Spell On You
6.  Serene
7.  Lilac Wine
8.  Nessun Dorma
9.  There's No Other Me
10. Elegy For Dunkirk
11. Poor Boy ※bonus
12. Cry Me A River ※bonus

[Bonus DVD]
1.  Stratus
2.  Behind The Veil
3.  Nadia
4.  Big Block
5.  Brush With The Blues
6.  A Day In The Life
Dscf2160







Dscf2161
Dscf2162

« 長い間廃盤だったCrosswind「そして夢の国へ」 | トップページ | エレキギンギンからしっとりアコギへ転身Bill Connorsの1st »

ロックギター」カテゴリの記事

コメント

おぉ…、好きですねぇ〜(笑)。
Crossroad Fesの別物なら結構面白く見れそうな…。

フレさま

コメントありがとうございます。
そうです。好きなんですww
5曲はお初ですからファンはやはり買う価値はあるのではと。
もっとも海賊盤も持っているわけで…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた懲りずにJeff Beckの新譜を購入:

« 長い間廃盤だったCrosswind「そして夢の国へ」 | トップページ | エレキギンギンからしっとりアコギへ転身Bill Connorsの1st »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ