2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« NY新感覚派ギタリストBen Monderの登場! | トップページ | プログレライブの最高傑作「USA」 »

2010年6月14日 (月)

ギターモンスターShawn Laneの2nd「The Tri-Tone Fascination」

Dscf1882






Musician●Shawn Lane(guitar)
Title●The Tri-Tone Fascination(1999年)
■Amazonより購入

いまは亡きギターモンスターShawn Lane(ショーン・レーン)が1999年にリリースしたセカンドソロです。当初は自身のHP限定公開でしたが、2000年になってCD化されたようです。

Shawn Laneは周知のようにスウェーデンの超絶ベース奏者Jonas Hellborg(ヨナス・エルボーグ)との一連の作品のプレイのほうが有名なようですが、対照的にソロアルバムではかなり聴きやすい仕上げになっています。ギター好きに人間の悪い癖でついつい「弾きまくり状態」を期待しますが、どちらかというと楽曲重視のアルバムです。ハード&変態チックというより、爽やか系フュージョンアルバムですね。前作「Powers Of Ten」を踏襲した形です。

ところで私が所有しているのは輸入盤ですが、日本盤にはボーナストラックが1曲ついているそうです。「I Only Want To Know」という曲です。輸入盤は何度か再発売されていますが、日本盤はその動きがないようです。このまま行ってしまうと、「幻の曲」になってしまいます。音楽業界が絶不調という状況で、このマニア向けの音源を再発売というのは難しいでしょうね。でも、何とかしてくれないでしょうか。

●Musicians
Shawn Lane / guitars,bass,drums,voice,keyboards
Sean Rickman / drums
Paul Taylor / bass
Cody Dickinson / drums
Luther Dickinson / guitar
Eric Phillips / bass
Buddy Davis / guitar

●Numbers
1.  Kaiser Nancarrow
2.  Peace in Mississippi
3.  Minarets
4.  Way It Has to Be
5.  Tri-7/5
6.  Art Tatum
7.  Hurt the Joy
8.  Maria
9.  One Note at a Time
10. Song for Diane
11. Epilogue, Bach (Ich Ruf Zu Dir)
Dscf1883

« NY新感覚派ギタリストBen Monderの登場! | トップページ | プログレライブの最高傑作「USA」 »

ロックギター」カテゴリの記事

コメント

このアルバムは最初HPで売ってたのは13曲入りでしたね。
何故11曲入りにしたのかは謎ですね・・・
1stも2種類ありますし、現状に満足しないでリテイクや選曲しなおしたりしてたのかもしれないですね。

choptopsbbqさま

コメントありがとうございます。
HP販売音源は未聴なのですが、
マニアにとっては悩ましいことを
やってくれますね(笑)。
13曲とは知りませんでした。

今となっては確認できないのが、
残念というか悔しい…(笑)

4曲目までは同じなのですが、それ以降がこんな感じです。

05 Nine=101
06 Art Tatum
07 Hardcase
08 Trois Sept Cino
09 The Hurt, The Joy
10 One Note At A Time
11 Maria
12 Song For Diane (World Keeps Spinning)
13 Ich Ruf Zu Dir Herr Jesu

Trois Sept CinoはTri-7/5です。

Nine=101はイントロが激しめで前半のマイナー調がアルバムから浮いてると思い、収録を見合わせたのかなと推測してます。
Hardcaseはチューニングを下げたと思われる重めのリフで始まるのが浮いてるかなというくらいで、どちらもアルバムに入っててもリスナーとしては何も思わない曲です。

choptopsbbqさま

わざわざありがとうございます。
返す返すも、入手不可能なのが残念です。

こんにちは~

Shawn Laneものはエルボーグがリーダーのがもっぱら好みですが、たまさかこの盤はオリジナルと1999年盤の両方を持っていますよ(^ ^)y

そうそう、もし可能であれば、お手すきの際に、メアドに連絡いただけますでしょうか~

betta taro@金欠を補うために最近はオークションで大忙しより

ではでは~

betta taroさま

コメントありがとうございます。
私もソロ物よりもHellborgがらみの方が実は好きです。
ソロだとShawn1人の力が突出しすぎて、逆に聴いて辛くなるのです。
2人の丁々発止のやりとりが好きなのです。

先日、iPadを衝動的に買ってしまいまして、極貧状態です。通信費もです(笑)。せっかく貴重な2枚をお持ちなのですから、そのままのほうが…(笑)。

betta taroさま

例のブツですが無事にDLできました。
明日の出勤途中に聴きたく存じます。
いつもありがとうございます!

無事DLできたと伺い安心しました。

音とびがあって聴きづらいかと思いますが…

少しでも参考になれば幸いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギターモンスターShawn Laneの2nd「The Tri-Tone Fascination」:

« NY新感覚派ギタリストBen Monderの登場! | トップページ | プログレライブの最高傑作「USA」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ