2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« なんとTony WilliamsとJonas Hellborgの共演作 | トップページ | マッチョ系ジャズロック「Matalex」の96年ライブ »

2010年6月23日 (水)

Mahavishnu Orchestraの発掘音源

Dscf1602






Musician●Mahavishnu Orchestra
Title●The Lost Trident Sessions(1973年)
■ディスクユニオンで購入

第1期Mahavishnu Orchestraの発掘音源です。1999年に突然発売されました。私がもっているのは輸入盤ですが、確か日本盤帯には「四半世紀の時空を超えてついに明らかになる」というようなコピーが書かれていました。まあ、そこまで大げさに考える必要はないと思いますが、グループの活動期間がわずか2年間ということもあって、こうした発掘音源は大いに歓迎するところです。

クレジットを見ると1973年6月25日から29日にかけてイギリス・ロンドンのトライデントスタジオで録音されたもの。本来は「Birds Of Fire」(1973年)に続くサードアルバムのためのセッションですが、ご存じの通りマクラフリンのやり方に反感を募らせていたほかのメンバーは、全員がそろって「退団」してしまいます。そんな事情もあって、これまで「お蔵入り」していたのでしょう。

そんな状況ですから、肝心の音のほうも気になります。しかし、そこは超がつく一流ミュージシャン集団ですから、相変わらずのバカテクと尋常でないハイテンションぶりをい全曲で発揮しています。

ちなみにグループとしてのオフィシャルライブ音源として「Between Nothingness & Eternity」(虚無からの飛翔)がリリースされていますが、ここでの1曲目「Dream」「Trilogy」「Sister Andrea」が演奏されているので耳覚えがある人も多いのではないでしょうか。「Between Nothingness & Eternity」は1973年8月12日、セントラルパークでの録音です。

●Musicians
John Mclaughlin /guitar
Jan Hammer / piano
Jerry Goodman / violin
Rick Laird / bass
Billy Cobham / drum

●Numbers
1. Dream
2. Trilogy;The Sunlit Path / La Mer de la Mer / Tomorrow's Story Not the Same
3. Sister Andrea
4. I Wonder
5. Stepping Tones
6. John's Song
Dscf1603







Dscf1604







Dscf1605

« なんとTony WilliamsとJonas Hellborgの共演作 | トップページ | マッチョ系ジャズロック「Matalex」の96年ライブ »

ジャズロック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mahavishnu Orchestraの発掘音源:

« なんとTony WilliamsとJonas Hellborgの共演作 | トップページ | マッチョ系ジャズロック「Matalex」の96年ライブ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ