2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 女スコヘン、スーザン姉さんの出世作(?) | トップページ | 謎のプログレバンドにホールズワースが参加。Atlantis »

2010年6月17日 (木)

イタリア出身のGreg Howe系テクニカルギタリストAlessandro Benvenuti

Dscf1892






Musician●Alessandro Benvenuti(guitar)
Title●Sonic Design(2002年)
■Guitar 9より購入

イタリア出身のギタリストもけっこう面白い人が見つかったりします。ただ日本で紹介されるのは米国か英国出身の人が圧倒的に多いので、盲点になりやすいと思われます。

今回紹介するのはイタリアのテクニカル系ギタリスト、Alessandro Benvenuti。例によって詳細なプロフィールがよくわからないのですが、ジャケットに写る「かんばせ」はけっこう若くてしかも男前ですね。テクニカル系ギタリストと一口に言いますが、ジャズ寄り、フュージョン寄り、メタル寄り、ネオクラシック寄りなどと細分化されるように思えるのですが、この人は正統派フュージョン系です。かなりGreg HoweやFrank Gambaleからの影響を感じさせます。

ソロ回しの疾走感もかなりのもので、ところどころにネオクラ的要素を忍ばせていわゆる「泣きのフレーズ」聴かせるワザも秀逸で、日本人にも相当アピールするのではないでしょうか。かなりのテクニシャンぶりです。作曲能力も優れているので、テクニカル系ギタリストにありがちの「聴いていて飽きる」ということはありません。ただ、あまりに巧すぎるのでかえって印象が薄くなってしまうのも確かです。この人ならではの強烈な個性がほしいところです。名前から受ける響きから判断して、バックはすべてイタリア人で固めているようです。

ゲストギタリストとしてFrank Gambaleが2曲、Greg Howeの愛弟子でハワイ出身のテクニカル系ギタリストPrashant Aswaniが1曲のみ参加しています。大物Frank Gambaleが参加するあたりかなりの期待度を感じさせますね。Greg Howeあたりが好きな人にお勧めしたいアルバムです。

●Musicians
Alessandro Benvenuti / guitars
Gian Marco Benvenuti / keyboards
Mirco Bellini / bass
Armando Croce / drums
Pierpaolo Ferroni / drums on Time Has Come

Frank Gambale / guitar on Eternal Dream,EgoCentric
Prashant Aswani / guitar on 10 Km More

●Numbers
1. The Sence Of Changes
2. Eternal Dream
3. Time Has Come
4. EgoCentric
5. The Golden Cage
6. 7 Reasons To Love Her
7. 10 Km More
8. Jama'
Dscf1893

« 女スコヘン、スーザン姉さんの出世作(?) | トップページ | 謎のプログレバンドにホールズワースが参加。Atlantis »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア出身のGreg Howe系テクニカルギタリストAlessandro Benvenuti:

« 女スコヘン、スーザン姉さんの出世作(?) | トップページ | 謎のプログレバンドにホールズワースが参加。Atlantis »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ