2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 謎のプログレバンドにホールズワースが参加。Atlantis | トップページ | ジミヘンのラストイヤーライブ »

2010年6月19日 (土)

第2期DPの序章にして怪作

Dscf1530






Musician●Deep Purple
Title●Cocerto for Group & Orchestra(1969年)
■ディスクユニオンで購入

グループとしてはまったくマイナーではありませんが、Deep Purpleというグループは第1期、第2期初頭はけっこう奇天烈なグループだったと思います。第1期は時代にピッタリと迎合したアートロック、そしてメンバーチェンジ後ぼ第2期はグループ内のイニシアティヴの移行のゴタゴタから妙な作品が生まれています。この作品がリリースされたのはちょうど第2期DPの始動時期にあたり、グループ内イニシアティヴがジョン・ロードからリッチー・ブラックモアへと移ろうかというタイミングです。

そもそもはクラシック好きのジョン・ロードがクラシックとロックとの融合を試みようと思いから生まれた企画で、ロンドン・フィルハーモニー・オーケストラとロックバンドの共演という前代未聞のライブ音源が収録されています。1969年9月24日、ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールでの収録。音源自体はかなり昔から出回っていましたので、決して珍しいものではありませんが、2003年になんとDVDが発売されました。当時は「よくぞ貴重な映像を!」と大興奮していました。画質も時代を考えれば、奇跡のような美しさです。

さて、映像を見ながら気がついた点をいくつか書いてみます。音だけの時代では、たとえばリッチー・ブラックモアはオーケストラの存在を無視して天衣無縫に弾きまくっていたのかと勝手に想像していましたが、予想に反してきちんと楽譜を見ながらプレイしているにまず驚きました。アドリブ部分は当然楽譜とは離れますが、次章への移行などではジョン・ロードや指揮者の指示に従っているのです。まるでキャラと違いますね~。また、ステージ狭しと暴れ回ることもなく、指定された場所できまじめにプレイするブラックモアの姿は、それなりに興味深いです。やれば出来る子なのですね。ちなみにブラックモアのギターはこの時期の十八番、ギブソンES335のセミアコタイプです。

それでも尋常でない睨み方をするブラックモアの肩越しにいかにもオーケストラ楽員といった感じのオジサンが映り込んだり、イアン・ペイスが生み出す複雑なシンコペーションに合わせてリズムをとる楽員の姿が映ったりと、ある意味興味深いクラシックとロックとの融合を見ることができます。

これはあまり知られていないようですが、この歴史的な共演当日、先立つ形でDPだけの単独ライブも開かれました。単独ライブの音源はアルバム「Power House」で聴くことができますが、ここで初めて披露されたのが名曲「Child In Time」。ギランの雄叫びとブラックモアの火の出るようなソロの連発で、観客も度肝を抜かれたのではないでしょうか。曲が終わった後、しばらく沈黙があり、やがて万雷の拍手が巻き起こる様子を聴くと、正直、その場にいた観客が羨ましくてたまりません。まさに、第2期DPの記念するべきスタートの瞬間であり、70年代ハードロック黄金期の前夜という記念するべき音源です。後半の部のオーケストラとの共演はジョン・ロードの長年の夢だったそうですが、BBCと共同企画によって夢が実現したと同時に、バンドの主導権がブラックモアへと移行した分岐点でもあるわけです。

くどくて申しわけありませんが、生のライブでロックバンドとオーケストラが共演したのは、これが世界で初めてであり(スタジオ共演はけっこうありますが)、こんな貴重な瞬間を観ることができるいまの世の中は捨てたものではありません。長生きしてよかったです。

●Musicians
Jon Lord / organ
Richie Blackmore / guitar
Ian Paice / drums
Roger Glover / bass
Ian Gillan / vocal
with Royal Philharmonic Orchestra

●Numbers
1.   Concerto for Group and Orchestra,Movement 1
2.   Concerto for Group and Orchestra,Movement 2
     PT1
3.   Concerto for Group and Orchestra,Movement 2
     PT2
4.   Concerto for Group and Orchestra,Movement 3
Dscf1531







Dscf1532







 

« 謎のプログレバンドにホールズワースが参加。Atlantis | トップページ | ジミヘンのラストイヤーライブ »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2期DPの序章にして怪作:

« 謎のプログレバンドにホールズワースが参加。Atlantis | トップページ | ジミヘンのラストイヤーライブ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ