2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« LコリエルのブルースフィーリングあふれるライブFairyland | トップページ | Mark Varney Project第1弾! »

2010年5月13日 (木)

カセット録音のSteve Toppingの自主制作盤

Dscf1166_2






Musician●Steve Topping(guitar)
Title●What It Is(1980年)
■Guitar 9より購入

あのAllan Holdsworthが認めたといわれるイギリス出身の個性派ギタリスSteve Topping(スティーヴ・トッピング)が1980年に録音したおそらく自主制作盤的な作品です。メンバーをみてあらためて驚きましたがGary Husband(drum)Paul Carmichael(bass)というトリオ構成なのですが、Toppingが師匠として仰ぐHoldsworthの名作「I.O.U.」とボーカルのPaul Williamsがいないだけで同じメンバーではないですか。しかも1981年録音の「I.O.U.」 よりも時期的に早いわけで、弟子が師匠よりもこの2人と共演しているのです。それも偵察役、毒味役としてまず弟子がこの2人の実力のほどを確認したのでしょうか。いまとなっては真相はわかりませんし、単なる偶然なのかもしれません。

さて、3度にわたるロンドンでのスタジオライブの形をとるこの作品。正直に言ってプレイや楽曲としての完成度はいまひとつです。Gary Husbandのドラムはドタバタとして冷や冷やしますし、Toppingのギターも音質の悪さもあってこもりがちでクリアではありません。おそらく機材も安く抑えられたのではないでしょうか。それでも、時折聴かれる狂気を帯びたToppingのソロはやはりただ者ではない個性を感じさせます。

ということでライナーをよく読んでみたら、なんとレコーディングソースはカセットテープだそうです。お金がない若手ミュージシャンが私製で作り上げた音源ということですね。Toppingマニア(?)の方は怖いもの聴きたさでぜひ!(笑)ところで3曲目「Tryst And Shout」はR&Bの名曲「ツイスト・アンド・シャウト」のモジリでしょうか。モジリよ、今夜もありがとう。失礼しました。

●Musicians
Steve Topping / guitar
Gary Husband / drums
Paul Carmichael / bass

●Numbers
1.  Dynamo
2.  Little Theatre
3.  Tryst And Shout
4   What It Is
5.  Heel Kicker
6.  Fallow Land
7.  The Train
8.  Catch The Ball And Run
9.  Aphorism
Dscf1167

« LコリエルのブルースフィーリングあふれるライブFairyland | トップページ | Mark Varney Project第1弾! »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カセット録音のSteve Toppingの自主制作盤:

« LコリエルのブルースフィーリングあふれるライブFairyland | トップページ | Mark Varney Project第1弾! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ