2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« Mr.Siriusの抱腹絶倒ライブ | トップページ | バリトンGを導入した意欲作「Wardenclyffe Tower」 »

2010年5月22日 (土)

チャド・ワッカーマンの2nd「The View」

Dscf1744






Musician●Chad Wackerman(drums)
Title●The View(1993年)
■ディスクユニオンで購入

元フランク・ザッパバンド出身で、テクニカル系ギタリストAllan Holdsworthの作品でも知られる豪州出身の凄腕ドラム奏者、Chad Wackermanのソロ第2弾です。1993年リリース。前作は「職場の上司」Allan Holdsworth(アラン・ホールズワース)の全面的支援で制作されましたが、今回はHoldsworthに加えてアメリカ出身の凄腕セッションギタリストCarl Verheyen(カール・ヴァーヘイエン)も参加しています。ほかメンバーはAllan Holdsworth、Jim Cox(key,snth)、Jimmy Johnsonという前回メンバーに加えてWalt Fowlerというトランペット奏者が入っています。この人はザッパバンドからの人脈ではと想像します。

前作「Forty Reasons」ではチャドのソロ作品でありながら、唯我独尊型上司であるホールズワース一色に染まったという感じでしたが、今回は13曲中6曲に参加しています。Carl Verheyenは6曲ですから、パワーバランスの点ではかなり「ホールズワース臭」が抑えられています。それでも「職場の上司」が放つ臭いはやっぱり強烈で、可哀想なことにCarl Verheyenの陰が薄くなってしまっています。Stuffなどで活躍してきた凄腕ギタリストですら、という感じです。

曲のほうは前作の踏襲という感じで、特筆するべき点はありませんが、HoldsworthとVerheyenとのプレイを聴き比べてみると面白いと思います。

●Musicians
Chad Wackerman / drums
Alln Holdsworth / guitar
Carl Verheyen / guitar
Jim Cox / organ,piano
Jimmy Johnson / bass
Walt Fowler / trumpet

●Numbers
1. Close To Home
2. Across The Bridge
3. Black Cofee
4. Empty Suitcase
5. Introduction
6. Starry Nights
7. All Sevens
8. On The Edge
9. Just A Moment
10.The View
11.Bash
12.Flares
13.Days Away
Dscf1745

« Mr.Siriusの抱腹絶倒ライブ | トップページ | バリトンGを導入した意欲作「Wardenclyffe Tower」 »

アラン・ホールズワース関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1303686/34057944

この記事へのトラックバック一覧です: チャド・ワッカーマンの2nd「The View」:

« Mr.Siriusの抱腹絶倒ライブ | トップページ | バリトンGを導入した意欲作「Wardenclyffe Tower」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
  • Amazon検索
無料ブログはココログ