2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« JOHN ABERCROMBIE / M(1981年) | トップページ | DVDが出てしまいましたが Jeff Beckのライブ第3弾 »

2010年2月 7日 (日)

偽物でもここまで徹すると偉い!The Bruford Tapes

Dscf1295






Musicians●Bruford(dr)
Title●The Bruford Tapes(1979年)
■Amazonより購入

ビル・ブラフォード率いる「Bruford」による通算3枚目のアルバムです。1979年7月12日、カナダのFM曲の公開録音の模様を収録したもので、「Bruford」名義のアルバムとしては唯一のライブ音源になります。発売当初はカナダと日本のみの限定リリースであった関係で、海外のマニア間ではプレミアつきでトレードされていたそうです。

ご存知の通り、前2作で超絶技巧を披露したギターのAllan Holdsworth(アラン・ホールズワース)はお約束通りに脱退してしまい、代わりに新人で無名のギタリスト「Unknown John Clark」が加入しています。Dave Stewart(キーボード)とJeff Berlin(ベース)は継続参加しています。

「Unknown John Clark」がホールズワースの代役を十分に勤め上げることができるか、という点のみに興味が集まってしまうという、ある意味では大変不幸な作品ですが、意外にも(?)大過なくJohn Clarkはプレイしています。前任者・ホールズワースの独特のヴォイシングやフレーズなどを驚くばかりの研究心で、すっかりコピーしている点に驚かされます。でも、「だからどうしたのよ」という批評から逃れられないという意味で大変不幸なのです。

しかしながら、やはりそれは代役の悲しさ。まさにこの作品に参加したのみで、文字通り「Unknown」で終わってしまったJohn Clarkのその後はどうなってしまったのでしょうか。それこそ「誰も知らない」という意味で、大変不幸なギタリストといえるでしょう。音質もけっして良いとは言えません。ただJohn Clarkの旺盛な研究心には大いに賞賛の声を贈りたいと思います。

そういえば、数年前にBrufordの初期2作品がリマスターされ再発売されましたが、ボーナストラックと称して、この「The Bruford Tapes」の音源が収録されていました。何ともあざとい商法ですが、John Clarkにとっては思いがけない「復活」となったわけで、その意味では世の中捨てたものではありませんね。

●Musicians
Bill Bruford / drums
Unknown John Clark / guitar
Dave Stewart / key
Jeff Berlin / bass

●Nunbers
1. Hell's Bells
2. Sample and Hold
3. Fainting in Coils
4. Travels with Myself - And Someone Else
5. Beelzebub
6. Sahara of Snow, Pt. 1
7. Sahara of Snow, Pt. 2
8. One of a Kind, Pt. 2
9. 9.5g

左上がUnknown John Clarkです
Dscf1297

Dscf1296

« JOHN ABERCROMBIE / M(1981年) | トップページ | DVDが出てしまいましたが Jeff Beckのライブ第3弾 »

プログレギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽物でもここまで徹すると偉い!The Bruford Tapes:

« JOHN ABERCROMBIE / M(1981年) | トップページ | DVDが出てしまいましたが Jeff Beckのライブ第3弾 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ