2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 期待の若手ハイテクギタリスト國田大輔 | トップページ | THE ALCHEMISTS(1999年) »

2010年2月11日 (木)

これがビートルズの日本デビューアルバム(ですかね?)

Dscf1560






Musician●The Beatles
Title●ステレオ!これがビートルズ!Vol.1
■購入先不明

自宅を整理していたらビートルズのファーストアルバムの日本盤が出てきました。欧文タイトルが「Please Please Me」、和文タイトルが「ステレオ!これがビートルズ!Vol.1」とことさらに「ステレオ」と強調しているあたりが時代を感じさせます。記憶をたどっていくと、いまから34、35年前に入手しているはずです。定価が2200円ですから、いまの感覚ではおそらく5000~6000円程度の買い物になるのではないでしょうか。子どもにとっては、大変な出費であることは間違いありません。

内容はというと、いまさら説明不要なので割愛させていただきますが、さっそくデジタル化してiPodで聴いてみたところ、とにかく驚いたのが音質の良さです。音の分離が実に素晴らしく、各楽器が作り出す音が粒だっています。いまとなっては推測でしかないのですが、出回って間もない頃のCDよりは遙かに音がいいはずです。ついでにいえば、アナログ時代の海外輸入盤は、あまり音質が良好とは言えず特にアメリカ産は粗悪なものが目立っていたように思えます。ひどいケースでは、ジャケットから取り出した時点で、盤がすでに歪んでいて、針飛びが激しくて再生どころの騒ぎでなかったこともありました。何と言っても、品質面では国内盤が一番!自家用車ではありませんが、かつての日本の製造業は、高い技術に裏づけられた良質な製品を生み出していたわけで、この点は大いに自信をもっていいはずです。

中面を開けるとメンバーのポートレート写真や歌詞も印刷されてました。確かに当時としては安い買い物ではありませんが、満足度ははかり知れません。レコード帯は捨ててしまう習慣だったので存在しませんが、もし帯付きだったら、中古レコード屋でけっこう高価で売れるのでは?もちろん、そんな気は毛頭ありません。

●Numbers
Side A
1.Please Please Me
2.Anna
3.I Saw Her Standing There
4.Boys
5.Misery
6.Changes
7.Ask Me Why

Side B
1.Twist And Shout
2.A Taste Of Honey
3.Love Me Do
4.Do You Want To Know A Secret
5.Baby It's You
6.There's A Place
7.P.S. I Love You
Dscf1553

Dscf1554

Dscf1555

Dscf1556

Dscf1557_2



Dscf1558

Dscf1559

« 期待の若手ハイテクギタリスト國田大輔 | トップページ | THE ALCHEMISTS(1999年) »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これがビートルズの日本デビューアルバム(ですかね?):

« 期待の若手ハイテクギタリスト國田大輔 | トップページ | THE ALCHEMISTS(1999年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ