2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« エフェクター大魔王、Frank Marino降臨! | トップページ | Arild Andersen / A Molde Concert(1981年) »

2010年1月 5日 (火)

奇天烈なプログレ系フュージョントリオ Quazi

Dscf1306






Musician●Quazi
Title●The Cookies of Discontent(2001年)
■カケハシレコードから購入

アメリカ出身のプログレフュージョントリオ「Quazi」です。一時期、ネット上で「ホールズワースフォロワー」として話題になっていたので、購入に至りました。どうやら自主制作盤のような雰囲気です。たまにお世話になるカケハシレコードさんから中古で購入。

全体としては、ギターを中心にした奇天烈でハードなフュージョンという感じですが、ギター氏は明らかにアラン・ホールズワースの影響下にあります。実際、ライナーによれば影響を受けたミュージシャンとして、アラン・ホールズワース、ラッシュ、キング・クリムゾンなどの名前が挙がっています。個人的にはやはりホールズワースフォロワーとして知られるスコット・マクギル的なニュアンスも感じます。

曲調としては全体的に暗めで陰鬱とした感じの曲が多く、ホールズワース系のギターが響きわたるわけですが、弾きまくりのギターに対してベースとドラムがいかにも非力。特にドラムはドタバタ、ドカドカと不安定でまるで学生バンドを目の前にしたような不安感に苛まれます。ここら辺りがC級バンドの域から脱出できない理由でしょうね。

ジャケットデザインも実に悪趣味。今では見られなくなった「小人プロレス」のような男があしらわれ、懲りずに中ジャケットにもこの小人プロレスラーを登場させています。駄目だ、こりゃ。

●Musicians
Jason Widen / guitar & guitar synth
Tony "the Snake"Arbonzo / bass
Mathew Lee Helanger / drums

●Numbers
1. A Fitting Demise
2. Smells Like Nail Polish
3. Creepy Little Weirdo
4. Flowers Is Perty
5. Fiesta Ala Carte
6. March Of The Orcs
7. Dark Method
8. Hypocrisy Of The Open Minded
Dscf1307

« エフェクター大魔王、Frank Marino降臨! | トップページ | Arild Andersen / A Molde Concert(1981年) »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇天烈なプログレ系フュージョントリオ Quazi:

« エフェクター大魔王、Frank Marino降臨! | トップページ | Arild Andersen / A Molde Concert(1981年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ