2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 近藤等則が作り出すアヴァンギャルド&幻想的な音の世界 | トップページ | エフェクター大魔王、Frank Marino降臨! »

2010年1月 3日 (日)

Brett Garsedが全曲に参加「Mojo」

053






Musician●Mojo
Title●Tapestry(2002年)
■Gemm.comより購入

オーストラリア出身の超絶ギタリスト、Brett Garsedとあのジンジャー・ベイカーの息子、Kofi Baker(ドラム)とRicc Fierabracciというベーシストが組んだMojoプロジェクトによる作品です。2001年に録音され、2002年にリリースされていますが、レコーディング・ディレクターはBrett Garsedと組んで何枚かの作品を残しているあの「両手タップの怪人」T.J.Helmerichが担当しています。「Tapestry」とはつづれ織りという意味だそうです。

一応、3人の共作という形をとっているものの、やはりBrett Garsedの超絶技巧が印象的で、中指とピックを使うという独特の変則奏法から生み出されるレガートフレーズは、流麗かつたとえようもない変態性にあふれています。楽曲そのものは意外にもキャッチーで親しみやすいものが並びますが、底辺に流れる変態フレーズはやはりプログレッシヴ・フュージョンの旗手の呼び名に恥じない不思議な世界を現出しています。Brett Garsedのファンは文句なしに聴くべきでしょう。

●Musicians
Kofi Baker / drums
Brett Garsed / guitar
Ricc Fierabracci / bass

●Numbers
1. Circle
2. Tally Ho!!!
3. Jacob's Ladder
4. Polly Put The Kettle On
5. Mojo
6. Tapestry
7. Jam Donuts
054

« 近藤等則が作り出すアヴァンギャルド&幻想的な音の世界 | トップページ | エフェクター大魔王、Frank Marino降臨! »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Brett Garsedが全曲に参加「Mojo」:

« 近藤等則が作り出すアヴァンギャルド&幻想的な音の世界 | トップページ | エフェクター大魔王、Frank Marino降臨! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ