2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 日本が誇るシンフォ系プログレバンド「Mongol」 | トップページ | アナログ盤で「Nico Stufano」を聴いてみた! »

2009年12月20日 (日)

ホールズワース系「The Code」の1st!

048






Musician●The Code(John Pelosi-guitar)
Title●The Code(1995年)
■Crazy-diamond Recordsより購入

以前、ここでご紹介したカナダ出身のテクニカル系ギタリストJohn Pelosi(ジョン・ペロージ)が率いる「The Code」のファーストです。セカンド「Figli Di Baia」ではホールズワース+ヘンダーソン系の変態ギターとシンフォとの程よいバランスが実に心地良いフュージョンサウンドを聴かせてくれました。この記念すべきファーストはセカンドよりもシンフォ率が高く、その意味では若干「チック・コリア・エレクトリックバンド」に通じる雰囲気も漂います。前回ではJohn Pelosiはどうやらイタリア人っぽいと書きましたが、両親がイタリア出身でカナダへ移住したようです。

John Pelosiはこのファーストにしてすでに完成型の域に近づいており、テクニカル系ギター好きにはぜひお聴きいただきたい好演です。例の極端にアームを利かせたエロティック&ウネウネ系ソロは悶絶必至です。と書きつつ、大変に入手困難なのが難点でCrazy-diamond Records.com で入手可能な時期もありましたが、現在は残念ながら品切れ中。気長に探していくしかないのでしょうか。

●Musicians
John Pelosi / guitar, guitarsynthesizer
Richard Evans / keyboards
Patrick Kilbride / bass
Paul DeLong / drums

●Numbers
1、Black Jujube
2、Control Drama
3、Song For Bumbi
4、In 2 Blu
5、Clones
6、Wall Ball
7、White Out
8、Mono Brow
9、Changes
049

« 日本が誇るシンフォ系プログレバンド「Mongol」 | トップページ | アナログ盤で「Nico Stufano」を聴いてみた! »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホールズワース系「The Code」の1st!:

« 日本が誇るシンフォ系プログレバンド「Mongol」 | トップページ | アナログ盤で「Nico Stufano」を聴いてみた! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ