2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ホールズワースも認めた「変態ギタリスト」Steve Topping | トップページ | NICO STUFANO / WAITING FOR..(2002年) »

2009年12月 2日 (水)

変態ギタリストRon Thalのデビューアルバム

Dscf1162






Musician●Ron Thal(E Guitar)
Title●The Adventures of Bumblefoot(1994年)
■Gemm.comより購入

私がひそかに提唱しているカテゴリーに「変態ギタリスト」があります。その変態ギタリオストの始祖は、いまは亡きフランク・ザッパだと思われますが、要はパターンに当てはまらない国籍不明のフレーズを連発するギタリストは、ほとんど変態ギタリストだと思ってください。今回、紹介するRon Thal(ロン・サール)は現役変態ギタリストです。12歳でギターをはじめ、13歳で人に教えていたという成り立ちからして変態です。ねじ曲がったヘンテコなフレーズをとんでもない超絶技巧で弾きこなすという、マニアにとってはたまらない存在です。1994年、シュラプネルレコードよりリリース。

楽曲そのものは、テクニカル系あり、ストレートなロックあり、ジャズあり、ブルースあり、ファンクありとまさに変幻自在。逆に言えばロン・サールの本当のルーツな何?と問いたくなるほどの多面性を見せています。ロン・サールをもって「オルタナティヴ系」「グランジ系テクニカルギタリスト」と評する人がいますが、実はよくわかりません(言葉の意味がしっくりこないという面もありますが)。わかりやすく言えば、亡きフランク・ザッパの影響を強く受けているように感じます。ザッパのように演劇まで披露はしないと思いますが、一見人を食ったようなニヒルさと茶目っ気は、間違いなくザッパの流れを汲むものです。当然、ザッパつながりでスティーブ・ヴァイとの共通項もかなり発見できます。

以前、別の原稿で「全世界的に品薄」と書きましたが(少なくとも最低でも1万円くらいのプレミア付きでした)、いつの間にか再発売されているようです。少なくともアマゾンでは購入可能です。プレス数はそんなに多いとは思えず、すぐに廃盤になることが予想されます。お探しの方(?)は今すぐポチってみては?

●Musician
Ron Thal / bass,guitar,drum
Chris Piazza / slap bass
JB / timbales

●Numbers
1. Bumblefoot
2. Orf
3. Scrapie
4. Blue Tongue
5. Limberneck
6. Q Fever
7. Strawberry/Footrot
8. Ick
9. Malignant Carbuncle
10. Rinderpest
11. Strangles
12. Fistulous Withers
Dscf1163

« ホールズワースも認めた「変態ギタリスト」Steve Topping | トップページ | NICO STUFANO / WAITING FOR..(2002年) »

ロックギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変態ギタリストRon Thalのデビューアルバム:

« ホールズワースも認めた「変態ギタリスト」Steve Topping | トップページ | NICO STUFANO / WAITING FOR..(2002年) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ