2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« DVD化は無理でしょうか?ホールズワースのライブビデオ | トップページ | iTunesでGarsed & Helmerichの幻の3rdをゲットしてみる »

2009年12月29日 (火)

イタリア出身のホールズワースフォロワーNico Stufanoの1st

Dscf1096






Musician●Nico Stufano(guitar)
Title●Trace Of Jazz(1991年)
■Jazzos.comより購入

今回3度目の登場になるイタリア出身のホールズワースフォロワー、Nico Stufano(ニコ・スタッファノ)の1st「Trace Of Jazz」です。なぜ、このギタリストに気がついたかというと、ご多分に漏れずネット情報からで「とにかくクリソツ」という触れ込みから購入にいたりました。おお、確かにそっくりというかクリソツというか、まるで生き写しではないですか。トーンとしてはホールズワースの「IOU」の頃に近く、ギターの音色としては本家をややマイルドにした感じ。楽曲は本家よりも、退屈しないですむという感じでしょうか。しかしながら、本家直伝の「ウネウネフレーズ」は随所で聴くことができます。また、キーボード奏者がいるのでギターにかかる負担(?)は若干緩和されているのかもしれませんね。

Nico Stufanoは2002年に「Waiting for..」というセカンドを出していますが、こちらは本作品よりさらにマイルドにしたような感じです。お勧めという意味では、本作品のほうが面白味があります。

そんなわけで日本ではまったく無名であるNico Stufanoですが、当然のようにCD現物を入手するのは困難を極めます。以前まではイタリアのジャズ専門サイト「jazzos.com」でのみ入手可能でしたが、最近になって各ダウンロードサイトでも見かけるようになりました。ちなみにiTunesでもDL可能です。

●Musicians
Nico Stufano / guitar
Mimmo Campanale / drums
Paolo Romano / bass
Gino Palmisano / keyboards

●Numbers
1、Trace Of Jazz
2、Kiss Me Stupid !!
3、Il Piccolo Klaus
4、Sguardi E Contrasti
5、La Rabbia Esaudita
6、Penelope
7、Rough Distance Vrs.2
8、Voices
Dscf1098

 

« DVD化は無理でしょうか?ホールズワースのライブビデオ | トップページ | iTunesでGarsed & Helmerichの幻の3rdをゲットしてみる »

フュージョンギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア出身のホールズワースフォロワーNico Stufanoの1st:

« DVD化は無理でしょうか?ホールズワースのライブビデオ | トップページ | iTunesでGarsed & Helmerichの幻の3rdをゲットしてみる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

いろいろ検索

  • Tower Records検索
  • HMV検索
    HMV検索
    検索する
  • iTunes検索
無料ブログはココログ